25種類のスパイスをブレンドして作る「チキンカレー」はマイルドな味わい


新しくOPENした注目のshopをご紹介

25種類のスパイスをブレンドして作る「チキンカレー」はマイルドな味わい

 月・火・金曜のみオープンしている「はらっぱカレー」。平日のランチタイムのみの営業にもかかわらず、店内は多くの人でにぎわっています。その理由は、じっくり時間をかけて作られたバングラデシュカレーが食べられるから。メニューは「チキンカレー」(レギュラー870円)と青菜の入った「サグカレー」(レギュラー970円)の2種類のみ。味の決め手であるルーは、タマネギを煮詰めてとろみを出し、25種類のスパイスをブレンドして作られています。「老若男女問わず誰でもおいしく食べられる“辛くないカレー”を目指しました」とスタッフの根本悠さんが話すように、野菜のうま味が溶け込んだコクのある優しい味わいに仕上がっています。辛さを加えたい人は、卓上にある辛味スパイスをふりかけて口に運んでみて。また、カレーとセットになっている自家製ピクルスは、甘酸っぱく爽やかなテイストで箸休めにぴったりですよ。

●はらっぱカレー
札幌市中央区南2西9 五衛門ジンギスカン TEL 070-2833-1596(受信専用) 
営業時間/11時30分~15時。水・木・土・日曜休み 
https://www.instagram.com/harappakare_ten/

ブドウを堪能できるパフェは絶品です。ワインや創作和食も楽しめる和バル

 2月にオープンした「和バル ぶどうの花」は、地下歩行空間直通でふらりと立ち寄りたくなる明るい雰囲気が魅力。同店のオススメは「ぶどうの花パフェ」(1490円)。さっぱりとした口当たりなので、食後もペロリと食べられそう。ウーロン茶プリンや抹茶のアイスなどが隠れている濃厚な「枡パフェ~茶茶茶」(1382円)や甘さ控えめながらカシスソルベと焼きリンゴが印象的な「茶器パフェ~果果果」(1382円)もあり。種類豊富なドリンクは、ワインを含む70種類以上のメニューを飲み放題で堪能できます(1620円。L.O.30分前)。また「ぶどう酒漬け牛肉ステーキ~焦がし醤油」(1382円)や「江戸前穴子~ゴルゴンゾーラチーズの炙り」(1512円)など創作和食も充実。

●和バル ぶどうの花
札幌市中央区北2西3 敷島ビル地下1階 TEL 011-206-1488 
営業時間/ランチ11時30分~14時(L.O.13時30分)、ディナー17~23時(フードL.O.10時、ドリンク・パフェ10時30分)。日曜定休


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ