上質な卵料理ととっておきのくつろぎ時間を楽しむ、週末限定キッチン Kitchen Oeufs


新しくOPENした注目のshopをご紹介
RECOMMEND

上質な卵料理ととっておきのくつろぎ時間を楽しむ、週末限定キッチン

 今月の推薦者 /さっぽろシティライフ編集長 ソガ
 お酒とともに食を楽しむ時間を愛しています。特にワインとクラフトビール好き。
時には友人と、時には一人でワインを楽しみながらリラックスして過ごせる飲食店を夜な夜な探しています
「オムライス」は、コーヒーまたは紅茶付きで1512円。プリン・ア・ラ・モードとのセットは2160円

 休日の遅めのランチに初訪問し、居心地の良さと丁寧に作られた料理のとりこになりました。店名の「Oeufs」はフランス語で「卵」。メニュー数は少ないものの、極上の卵「下川六◯酵素卵」のおいしさを存分に生かした料理を週末だけ提供しています。最初に味わったのは、看板メニューの「オムライス」。美しい薄黄色のオムレツは、半熟でふんわりトロトロ。中にはカリッと焼いた鶏肉が香ばしいチキンライスが包まれています。程よく酸味の効いたトマトソースは卵と相性抜群で、白ワインが進むおいしさ!と思ったら、アルコールを注文した人には生ハムを付けてくれるという、うれしいサービスも。ほかに、黄身はトロリ、白身はカリッと焼いた目玉焼きがのった「クロックマダム」も絶品です。  大きな窓のある明るい店内は、一つ一つ丁寧に選んだとわかる家具やカトラリー、テーブルに飾られた花など、女性がくつろげるポイントを絶妙に捉えた空間。「高級店ではないけれど、食事と週末のプチ贅沢を感じられる、大人の女性がリラックスできる(私の)等身大の店にしたかった」との店主の想いがそのまま形になっています。自分の時間を大切に過ごしたい日に訪れたい一軒です。

●Kitchen Oeufs(キッチン ウフ)
札幌市中央区南3西8 大洋ビル2階 ℡050-7121-0012
営業時間/金・土・日曜11:00~18:00(L.O.17:30)。
ゴールデンウイークは4/26(金)休み、4/27(土)~4/30(火・休)営業。5/1(水)休み、5/2(木・休)~5/6(月・振休)営業
https://www.cook-oeufs.com/

NEW SHOP

3/16OPEN シェフオリジナルのキッシュで一味違うランチやお花見に

 北1条・宮の沢通と環状通が交わる交差点に、キッシュのテイクアウト専門店がオープン。道内ホテル出身のシェフ・目黒憲司さんが道産食材を中心に使った「道産ベーコンとオリーブのキッシュ」(350円)などのオリジナルメニューを考案しています。さまざまな種類を楽しめるようにと、片手で持てる小さなサイズで、「これからの季節、円山公園で桜を見ながら味わってほしいですね」と目黒さん。出勤前にも購入できるようにと、月~金曜は7時から開店。スープやサンドイッチ、ケークサレなどもあります。

●Deli tto Quichu♥(デリットキッチュ)
札幌市中央区北1西27-5-6 ℡011-556-3623
営業時間/月~金曜7:00~19:00(土・日・祝日11:00~)。不定休

 

3/18OPEN 読者と本、そして作家をつなぐ8坪の小さな書店

 「気軽に立ち寄れて、本と人をつなぐ場所にしたい」。かの書房は店主のそんな思いから開店した8坪の本屋。店内には、文芸書やマンガ、子ども向けのドリルから、マニアックな雑誌や同人誌まで幅広い書籍が並びます。道内作家の紹介や本好きによるイチオシ作品など、独自の棚作りで本と読者の出合いのきっかけを作るだけでなく、25人の推薦作家にファンレターを届けるシステムで読者と作者の橋渡し役も担います。ほかの書店にはないユニークな発想と品ぞろえで、読書の喜びを広げてくれるのです。

●かの書房 札幌市豊平区美園3-8-2-1 ℡011-376-1856
営業時間/12:00~21:00、土・日曜11:00~21:00。不定休   

@kanosyobo_1216(Twitter)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ