絶品パフェ&洋食を味わえる初めてでも懐かしい“ネオ純喫茶” パーラートモミ


新しくOPENした注目のshopをご紹介
MY FAVORITE

絶品パフェ&洋食を味わえる初めてでも懐かしい“ネオ純喫茶”

 今月の推薦者 /シティフレンズ 曽我華奈子さん
 好きな食べ物は沖縄料理とカレー。最近のブームはジムでダンスプログラムのあと、さらにマシーンで筋肉を“いじめる”こと
上/焼き色も美しい「平飼い有精卵のオムライス」。「自家製カスタードプリンのパフェ」(950円)は数量限定。
下/初めて訪れてもなぜか懐かしい、レトロな雰囲気の店内

 曽我華奈子さんのおすすめは、南円山の「パーラートモミ」。“ネオ純喫茶”をテーマにした店内は、赤いベルベットのソファやカウンターに並ぶレトロな食器が、懐かしい雰囲気をかもし出します。店主の相馬さんが「古き良き喫茶店の文化を残していけたら」と話すとおり、昭和の喫茶店にタイムスリップしたような空間です。  メニューにも“喫茶店の定番”がそろいます。曽我さんが「絶品!」と太鼓判を押すパフェは、浜中町産の牛乳で作るソフトクリームがメイン。ミルクの香りが濃厚に広がる一方、シャリッとした食感とサッパリした後味がさわやかです。「ナポリタン」「ライスカレー」(各900円)をはじめ洋食のコック出身の店主が作る食事メニューも人気で、曽我さんのイチオシは「平飼い有精卵のオムライス」(980円)だそう。純喫茶に欠かせない「ブレンドコーヒー」(550円)は、「みちみち種や」のオリジナルブレンド「デイリー」。深煎りながらあっさりした味わいで、食事にもパフェにもよく合います。

●パーラートモミ 札幌市中央区南6西23-5-6 ℡ 011・557・7186
営業時間/10~20時 ※4月から日・祝日10~18時(L.O.17時30分)。
月曜定休、その他不定休あり

NEW SHOP

牛タンの旨みを余すところなく味わえる上品で贅沢なカレー

 朱色のカウンターがレトロかわいい店内で味わえるのは、牛タンの旨みを思い切り堪能できるカレー。具に使うだけでなく、ベースとなるスープも牛タンで仕込みます。自慢の「欧風牛たんカリー」(800円)にはスープに炒めたタマネギがたっぷり加わって、牛タンの上品でコク深い旨みと野菜のまろやかな甘み、スパイスのバランスが絶妙。旨みの凝縮したルーが絡んだ牛タンは、口の中でほろりと崩れる感動的なやわらかさです。「彩り野菜トッピング」(980円)=写真=は、約10種類の季節の野菜が載ったヘルシーな一品。複雑なスパイスの味を楽しみたい人には「牛たんスープカリー」(1350円)もオススメです。

●欧風カリー ドモン 札幌市豊平区平岸3-3-1-28 ℡ 011・799・0508
営業時間/11~20時。木曜定休
https://www.domon-curry.com/

 

皮からすべて手作り。本格的な台湾の小籠湯包を気軽にどうぞ

 50年以上のキャリアを持ち、台湾でも腕を振るった職人の点心が味わえるお店。どの料理も丹精して作り上げた本格的な味です。看板メニューは「小籠湯包(しょうろんたんぱお)」(3個480円)。中の餡(あん)は丸一日をかけて仕込みます。味の決め手となるスープは、鶏の足を煮込んで抽出したエキスから作っており、体に染み込むようなやさしい味わい。極上のスープと餡を包む薄い皮も自家製で、モチモチの食感が楽しめます。手作りの果実酒などドリンクも種類豊富。お手頃価格で台湾の夜市を楽しむように気軽に本場の点心が満喫できる一軒です。

●台湾小籠湯包 HUANG’S円山(たいわんしょうろんたんぱお ふぁんずまるやま) 札幌市中央区南1西22ー2ー21 Plazzo裏参道1階 ℡011・590・0190
営業時間/17時30分~22時30分(L.O.フード21時30分、ドリンク22時)、土曜12~15時(L.O.14時30分)、17時30分~22時30分、日・祝日12~15時(L.O.14時30分)。月曜定休。※月曜祝日の場合は翌日休み   http://huangs2.com/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ