夜の街並みを眺めながら、産地直送の牡蠣(カキ)をカジュアルに味わえる


新しくOPENした注目のshopをご紹介
MY FAVORITE

夜の街並みを眺めながら、産地直送の牡蠣(カキ)をカジュアルに味わえる

 今月の推薦者 / シティフレンズ 中島和希さん
 最近のマイブームはふるさと納税。野菜をおいしいうちに食べきるため、ポタージュにするのにハマっています。
上/牡蠣は希望すると自家製サルサソースもついてきます。12~2月は厚岸産牡蠣の旬。タチのアヒージョも冬限定のおいしさ。
下/テーブル席は窓から札幌の街を見渡すことができます。反対側にはカウンターも

 中島さんオススメの「ソルプレッサ ーオイスターバー アンド グリルー」。デートや飲み会でよく利用するそう。カウンターとテーブル席のほか個室スペースもあり、中島さんはその窓から見るテレビ塔が好きだといいます。  産地直送の牡蠣(432円~)は厚岸・仙鳳趾から状態のいいものを厳選。牡蠣以外の食材は市場から直接仕入れており、メニューは店主得意のメキシコ料理をはじめ「自分たちがおいしいと思うものを出しています」というジャンルレスなラインナップ。中でもアヒージョは絶品と評判で、定番の「エビとキノコ」(918円)や「牡蠣」(1296円)はもちろん、フワフワトロトロの「タチ」(1296円)は、メニューにあればぜひオーダーしてほしい一品。  お酒の種類も多彩で、中島さんのイチオシは「サングリア」(540円)。コンポートしたベリー類を混ぜ込んだ甘めの赤、柑橘系を中心にした爽やかな味わいの白、いずれもお気に入りだそう。「果物がゴロゴロ入っていて、すごくフルーティーで飲みやすいです」。  コースは2500円~(飲み放題付きは3900円~)。

●Sorpresa -Oyster Bar and Grill-
札幌市中央区南3西3 プレイタウンふじ井ビル9階 ℡011・252・9768
営業時間/18時~翌2時。日曜・第3月曜定休
※火・水曜のフードメニューは牡蠣・前菜・おつまみのみの提供

NEW SHOP

人気店の工房兼ショップが登場 自分へのご褒美にもぴったりのスイーツ

 おいしい洋菓子と薪(まき)窯ピザで知られる「ラ・ヴェリテ」のスイーツ工房兼ショップが、東屯田通りにオープン。「シンプルに素材の旨さを引き出す」ことを心がけて作られたスイーツは、定番から果物を贅沢に使った個性的なものまで約20種類がそろいます。カタラーナなど山鼻本店でも扱っている商品に加え、工房限定の季節商品も。この冬の工房限定「フロマージュクリュ」(389円・写真手前)は、なめらかでコクのあるチーズケーキと程よい酸味のフルーツクリームが絶妙にマッチした味です。美しいビジュアルと味わいにかかわらず価格はお手頃なので、自分へのご褒美にもぴったり。

●ラ・ヴェリテ工房 札幌市中央区南11西9ー3ー5 フォース東屯田1階
℡011・596・7668 営業時間/10~19時。無休   

 

いろいろな“おいしい”に出合える シックで落ち着いた雰囲気のカフェ

 深い藍色の壁や灰色のカウンターが印象的な「円豆(まるまめ)COFFEE」。シックな店内には、ほっと落ち着ける温かい雰囲気が漂います。フレンチプレスで淹れるオリジナルブレンドコーヒー(626円)は、酸味の少ないまろやかな味が特徴。コーヒーによく合うパフェやケーキは、南区の人気店「パティスリーブリスブリス」のもの。食事もでき、中でも25種類の厳選スパイスを使って仕込んだカレー(1188円)は、鹿児島のカレーの名店によるオリジナルだそう。のんびり気軽に、さまざまなおいしさを堪能できるカフェです。

●円豆COFFEE 札幌市中央区南1西18ー1ー13 ℡011・215・7563
営業時間/11~23時(日曜~21時)。月曜定休
  https://www.instagram.com/marumamecoffee/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

他の星座も見る
「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ