アイデアいっぱいのオフィスを訪問


 オフィスコミュニケーションは、仕事の悩みの解決やモチベーションをアップさせるために必要不可欠なもの。職場でのコミュニケーションがなぜ重要なのかをカウンセラーに聞きました。また、コミュニケーションの活性化に取り組むオフィスを訪問し、働いている人のリアルな様子をチェックしました。(文・構成/森真知子、撮影/久保ヒデキ)

\教えてくれたのは/

産業カウンセラー 八乙女 彩子 さ ん
コラージュセラピストとしてワークショップを開催しているほか、北海道女性の活躍支援センターや札幌市若者支援総合センターなどで活動中

仕事でやりがいを感じるためには
日ごろのコミュニケーションが重要

 会社組織の目的は、社員が共通の目標に向かって成果を上げることです。共通目標へのアプローチ方法は部署や個人によって違うこともあります。どんな意図で行動や発言をしているのか即座に理解するためにも、日頃のコミュニケーションは重要です。
 コミュニケーション不足が生むのは不満。「私の立場や状況を誰も分かってくれない」という思いが蓄積されます。ストレスをため込まないためにも、コミュニケーションをとりやすい職場環境を整えましょう。そのためには私生活や趣味について周りの人に話し、「自分はこういう人間です」とアピールすることです。
 自分のことをアピールするのは不満を解消するためだけではありません。会話を通して働く人同士の理解が深まり、"思いやり"と"気遣い"が生まれるのです。例えば、「もうすぐ子どもが幼稚園に入園する」「母親が体調を崩している」など状況を把握できていれば、適切なアシストやアドバイスが可能になります。

話すのが苦手な人は、
お辞儀やあいさつから始めよう

 「話すのが苦手」だと思っている人も安心してください。コミュニケーションにおいて言語が与える影響は約1割といわれており、言語以外が占める割合が約9割。特に表情や行動など視覚に訴える方法は効果的です。まずは、すれ違う時に笑顔をつくったりお辞儀をすることから始めるのがオススメです。慣れてきたらあいさつを交わすようにすれば、社内の人は顔を覚えてくれます。
 ランチタイムを複数人で過ごす人は、「話を聞いています」とアピールするために相づちを打つのも効果的。緊張が緩んでくれば、自然と話すことができるようになるはずです。

| TOP |
| 札幌市内のオフィスを訪問_no.01 |
| 札幌市内のオフィスを訪問_no.02 |


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ