休日はドライブで小旅行気分


 夏もいよいよ本番! 1時間と少し車を走らせれば到着する札幌近郊エリアは、個性豊かな魅力であふれています。休みの日に楽しく、のんびり過ごせるスポットを紹介します。構成・文/森真知子、撮影/亀谷光、 鬼原雄太(アンドボーダー) モデル/中島和希さん(さっぽろシティフレンズ)

 4月にオープンした「あいろーど厚田」はシーサイドにたたずむ道の駅。1階には、地域産品を取り扱う物販店や十割そばを提供する「一純」があります。海を眺めながら食事ができる2階のフードコートでは「にしんバッテラ」やジェラート、ピザなどを販売。海をバックにした写真を撮影したい人は、3階の展望台へ。日中は青い海と空が爽やかですが、夕方には茜色に染まったロマンチックな雰囲気になるのでドライブの帰り道に立ち寄るのもオススメです。

石狩市厚田区厚田98-2 
☎︎0133・78・2300
営業時間/10~16時(夏季延長あり)。無休
※2階と3階は11~3月閉館。
トイレは24時間利用可能。
駐車場約200台
http://aikaze.co.jp/

 石狩浜海水浴場の近くにあるカフェは、青い海と空が大パノラマで広がる抜群のロケーション。「マウ二カレー」(数量限定。ドリンク付きランチセット1372円。単品950円)は数種類のスパイスをミックスしたインド風本格カレーで、大きな知床鶏がゴロッと入っているのが特徴です。14時30分~は、ドリンクとデザートのみ提供可能。

石狩市弁天町番外地 
☎0133・62・3955
営業時間/11~15時
(フードL.O.14時。最終入店14時30分)。
月・火曜定休。
※定休日が祝日の場合は営業。
駐車場約40台
https://www.cafemauni.com/

 築60数年の小さな平屋を改装した工房兼ショップ。厚田の土から作られる陶器は、シンプルなのに温かみがあり、作り手の優しさが伝わってくるようです。カフェとしての営業は行っていませんが、店主のMIHOさんが作った器でお茶をサービスしてもらえます。

石狩市厚田区望来93-16 
☎0133・77・2495
営業時間/12~16時。
月・火曜、第1・3土・日曜定休。
駐車場3台
http://blog.goo.ne.jp/tuac2006

| 石狩方面 |
| 長沼・由仁・岩見沢方面 |
| 白老・安平方面 |


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ