札幌のイマドキ結婚式事情に迫る!


 結婚式のトレンドも時代とともに変わるもの。最近は「2人らしさ」のほか、「ゲストへのおもてなし」を重視する傾向が強いといいます。札幌の結婚式事情を、新郎新婦側とゲスト側の両面からリサーチしました。文・構成/藤田郁美、撮影(3ページ目)/亀谷光

札幌コンシェル
北一条本店
支配人
細川智
さん

「ゲスト視点」を重視するカップルが増加
トレンドは「ナチュラル・白・グリーン」

 結婚式場の仲介を通して札幌の新郎新婦のニーズに間近で触れてきた、「札幌コンシェル」北一条本店支配人の細川智さんいわく、最近のトレンドは「ナチュラル・白・グリーン」。ヨーロッパのガーデンパーティーを思わせる開放的な披露宴が人気です。土曜の夜を第一希望にする人が多かった時間帯も、今は土・日曜を問わず昼を選ぶ人が増えました。
 式の雰囲気では、自分たちらしい演出を希望する人が多い一方、内容の充実したパッケージ型の選択制プランも多忙なカップルから根強い支持。いずれの場合も、ゲストに楽しんでもらうことを重視する人が目立つといいます。特に食事を重んじるカップルが多いそうで、披露宴の飲食費用は増加傾向にあるとか。ゲストと触れ合う時間を希望するカップルも増えています。
 ウエディングアイテムにハンドメイドを取り入れるブームも継続中。自分らしさと経費削減(場合によってはかえって高くつく場合もありますが…)が叶うのがポイントです。反面「外注できるものはできるだけ外注で」と割り切る人も。最近は安くて手軽なネットオーダーも増えているので、そういったサービスを上手に利用しているようです。

| 1ページ_TOP |
| 2ページ_私の「理想の結婚式」への道 |
| 3ページ_みんなどうしてるの?ゲストの気持ち |


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ