毎日食べたい!”和ごはん”レシピ



ワンプレート盛りつけのコツ
ごはんは小ぶりのカップなどを使って丸く成形すると、よりおしゃれに見えます。

汁物や水気の多い料理は小さな器に入れると、いいアクセントに。このとき、器を何種類も使うのは上級者向き。ポイントとして1、2個にとどめると、まとまりやすくなります。

品数が多いときは、奥にあるものを高くボリューミーに、手前にあるものを低めに盛り付け、プレートの中でで高低差をつけるとメリハリが生まれます。

材料(2人分)
カボチャ………………1/8個
クルミ…………………15g
レーズン…………15g
砂糖……………小さじ1
顆粒コンソメ…小さじ1/2
塩………………少々

マヨネーズ…大さじ1
生クリーム…大さじ1
レモン汁…小さじ1/2

作り方
❶カボチャは種を取り除き、一口大に切る。クルミは粗く刻む。
❷鍋にカボチャと、水1/2カップ(分量外)を入れて中火にかける。沸騰したら弱火にしてフタをし、煮る。カボチャがやわらかくなったらフタを取り、水分を飛ばす。
❸ボウルにを入れてよく混ぜ合わせる。混ざったら②とクルミ、レーズンを加えてサッと混ぜ合わせる。

材料(2人分)
プロセスチーズ……………25g
カイワレ大根………1/4パック
ご飯…………………茶碗2杯分
和風だしのもと………小さじ1
しらす干し…………………10g

作り方
❶チーズは1㎝角、カイワレ大根は根を落とし2㎝長さに切る。
❷ボウルにご飯と和風だしのもと、チーズ、しらす干しを入れて混ぜ合わせる。
❸器に盛り、カイワレ大根を散らす。

材料(2人分)
玉ネギ…………………1/2個
大葉………………………4枚
トマト……………………1個
ポン酢醤油…………大さじ2
厚揚げ……………100g
鶏ひき肉…………150g

オリーブオイル…大さじ1
粗びき黒こしょう…少々
みそ…………小さじ1
砂糖…………小さじ1
酒……………小さじ1
鶏がらスープのもと

作り方
❶玉ネギはみじん切り、大葉は千切りにする。
❷トマトだれを作る。トマトは5㎜角に切る。耐熱容器に入れ、ポン酢醤油を加える。ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱し、を加える。
❸ボウルに、外側をそぎ取った厚揚げを崩しながら入れ、鶏ひき肉とを加えてよく混ぜる。しっかり混ざったら、玉ネギを加えてサッと混ぜて6等分し、形を整える。
❹フライパンを中火で熱し、③を並べ、両面を焼く。焼き色がついたらフタをして、中に火が通るまで弱火で4~5分焼く。
❺器に盛って②のトマトだれを掛け、大葉を散らす。

point

トマトだれが余ったら、焼いた肉や魚にかけても◎

材料(2人分)
切り干し大根……………20g
キュウリ…………………1/2本
一味唐辛子…………………少々
鶏がらスープのもと……小さじ2
酢……………………小さじ2
砂糖、塩……………各少々
ごま油………………小さじ2

作り方
❶切り干し大根はたっぷりの水で10分くらい戻し、キッチンペーパーなどで絞って水気を切る。キュウリは千切りにする。
❷ボウルに①とを入れて和える。
❸器に盛り、一味唐辛子を振る。

アドバイスを参考に、スタッフもスマホで撮影してみました!

彩りを意識しよう

ワンプレートや献立全体を撮る場合は、赤・白・緑・黄色・黒の5色をそろえることを意識しましょう。葉野菜やミニトマトをちょっと添えるだけで、グッと見た目がよくなります。

余白を大切に

器に盛れるだけ盛ってしまうと豪快な印象に。おしゃれに見せるなら、余白を残すイメージで盛り付けましょう。また単品で料理を撮るときは画面いっぱいに皿を収めるのではなく、適度に空きを作ると◎。

目線を変えてみよう

真上から撮るのもかわいいですが、あえて目線を低く、真横から撮ってみると、立体感が生まれます。

カトラリーや小物を添えて、"おいしい雰囲気"を演出

ナイフやフォーク、箸を添えることで、「今から食べます!」という臨場感が伝わり、見る人の食欲をそそる写真に。

| TOP |
| 和のワンプレート |
| 一汁三菜バランスごはん |


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 7月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ