【今回の食材:コゴミ】コゴミとアサリのバターしょうゆパスタ


いつもの食材でよくばりごはん

今回は春の山菜、クルッとした姿がキュートなコゴミにフォーカス。メインの一品とお弁当向けリメイクレシピを紹介します。

メイン写真

クルッとした形がかわいい
山菜で春を先取り

vol.8今回の食材

コゴミ

photo

 野菜ソムリエ上級プロの野口知恵さんが教えてくれたのは、コゴミを使った和風パスタ。コゴミは正式名称をクサソテツといい、食用として出回るのは、春に出てくるうずまき状の新芽です。「コゴミは、抗酸化ビタミンであるビタミンA・C・Eを含み、食物繊維も豊富です。アクが少なくてクセもないので、いろいろな料理にアレンジしてみて。見た目もかわいいですよね」と野口さん。ほかに、ゴマあえや天ぷら、オムレツなどにもおすすめだそう。生春巻きは、出来上がったときに透けて見えるように、コゴミを一番下に置いて巻くのがポイントです。

コゴミとアサリのバターしょうゆパスタ

【材料】2人分

コゴミ

1パック(8本~9本)

パスタ(スパゲッティ)

160g

ミニトマト

5個

アサリ

200g

ニンニク

1/2かけ

赤唐辛子(輪切り)

少々

オリーブオイル

少々

青ネギ

1本

バター

大さじ1

白ワイン

大さじ2

しょうゆ

大さじ1/2

Recipe

1アサリは海水程度(3%)の塩水(分量外)で砂抜きをする。コゴミは3等分に、ミニトマトは半分に切る。ニンニクはみじん切り、青ネギは小口切りにする。

2フライパンにニンニクと赤唐辛子、オリーブオイルを入れて火をつけ、香りが出てきたらアサリと白ワインを入れる。アルコールが飛んだらふたをして、殻が開くまで弱火で蒸す。

3鍋に沸かした湯でパスタをゆで、指定のゆで時間の1分前にコゴミを入れる。ゆであがったら湯を切る。

42のフライパンに3とミニトマト、バター、しょうゆを入れて混ぜる

5器に4を盛り付け、青ネギを飾れば出来上がり。

Remakeおべんとう

Remakeおべんとう写真

パスタの生春巻き
 【コゴミとアサリのバターしょうゆパスタ】は、アサリの殻を取り除いておく。ボウルにパスタと水で戻した切り干し大根(パスタと同量程度)を入れて混ぜ、マヨネーズ少々であえる(A)。水で戻したライスペーパーに、コゴミ、生ハム、レタス、Aを順にのせて巻き、食べやすい大きさに切る。

教えてくれたのは…

講師写真

野口知恵さん 全国各地での講演、レシピ開発、商品開発、料理指導など幅広い活動を通じて、野菜の栄養とおいしさを伝えている。
http://ameblo.jp/chienowa831/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

他の星座も見る
「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ