「いまどきベジフル図鑑」“スイスチャード”

【vol.4】スイスチャード


いまどきベジフル図鑑

【vol.4】スイスチャード
 レストランなどで「この野菜、何?」と思ったことはありませんか。今回、お店で出あったのも、そんな野菜のひとつです。

写真Bonnie Tone(ボニー トーン)
オーナー・母良田さやかさん

イラストシティ編集部
 秋になって、お店に並ぶ野菜の顔ぶれが変わりましたね。これはホウレンソウですか? 茎が赤い!
イラスト母良田さん
 残念! スイスチャードといって、フダンソウ、大阪だと“うまい菜”と呼ばれる野菜の仲間です。よく見てください、茎は赤だけじゃないんですよ。

今月のオススメ♪
写真

イラスト

 あ、ホントだ。黄色、オレンジ、紫、薄緑とカラフル。キャンディーみたいでかわいい~

イラスト

 これは水耕栽培なので、柔らかいしサイズも小さめ。サラダ向きです。露地ものだと、サイズがこの倍(50cm)くらいに。こちらは、加熱しないと食べづらいかもしれません。

イラスト

 加熱すると、茎の色は?

イラスト

 カラフルなまま! おひたしや、炒めものにするとおいしいけれど、色を楽しむなら、サラダがいちばん。ちなみに、ホウレンソウの茎が赤くなるのは、冬だけですからね(笑)

Shop Data 新品種、珍種だけでなく、定番の野菜や果物も、おいしさを基準にチョイス。プロの料理人はもちろん、近所のおばちゃんからも愛されている八百屋さん。大阪市北区中津1-15-33、電話06-6373-7774

イタリアンドレッシングで透明感をプラス

 スイスチャードは、イタリアンやフレンチのシェフも愛用する野菜。カラフルな茎を彩りよく並べるだけで、アートなサラダプレートになります。仕上げには、イタリアンドレッシングをひとさじ。味の相性はもちろん、透明感のある茎の色を引き立ててくれます。このほか味で選ぶなら、ゴマドレッシングもおすすめですよ。

写真


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ