【今月のおでかけエリア】長堀橋


京阪神おでかけ案内

 駅の北側は、趣のあるレトロビルが点在。一方南側は、アジアンテイストの宝庫! 2つの顔を持つ長堀橋界隈で、魅力を放つお店に案内します。

地図

▲クリックして大きい地図を見る


【今月のエリア】長堀橋

レトロ&アジアン2つの顔を持つ街

A.煎茶と靴下、そして薬草

センスが光る
奈良ブランドを発信

 「ティーファーム井ノ倉」のお茶、「ポンテ・デ・ピエ!」の靴下、「薬王ウオームズ研究所」のハーブ酒など、奈良のブランドを発信するお店。どれも機能的でオシャレなので、思わず手が伸びちゃいそう。正午~午後8時、不定休/携帯070-5438-2016

写真

白くペイントされた学校用の机にディスプレー。特に人気なのは靴下とか

B.Chuko

プリントがユニークな
海外の生地とリボン

 アメリカ、ドイツ、フランスから輸入されたユニークなプリントの生地約500点、リボン約300点がズラリ。入荷は毎月なので、訪れるたびに新しい出合いが。午前9時30分~午後5時、日曜休みの場合あり/TEL06-6271-7087

写真

色鮮やかなプリントは海外製ならでは。これらに合うカラフルなファスナーも揃います

C.ボタ

11種のルーからセレクト
長屋でいただくカレー

 長屋の良さを生かしたアジアンテイストなカレー店。ホウレンソウベースやバターチキンなどのマイルドなカレーからスパイシーなものまで、11種のルーが選べます。正午~午後4時、6時~午前0時(LO午後11時)、ランチは水曜休/TEL06-6241-5273

写真

「選べるカリーランチ」(780円~)は、格子や床の間の風情を感じながらゆっくりどうぞ

D.gatto

トレンドとは一線を画す
手作りアクセサリー

 オーナーの作家・大角典子さんによる、トレンドとは一線を画したアクセサリーが並びます。レトロな店内にマッチしたアクセサリーは3000円台~と手頃。人とは違ったおしゃれを楽しみたい人にぴったりです。正午~午後7時、不定休/TEL06-4708-5019

写真

アクセサリーはすべてオーナーが店奥のアトリエで制作

E.アッカエムスタジオ

長く愛用できる
シンプルで機能的な服

 ウォッシャブルレザーを使ったトップスなど、ディテールにこだわりがある洋服を製作。スタッフが着心地を確かめて改良を重ねた服は、長く愛用できそう。午後0時30分~7時30分(土・日曜、祝日は正午~午後7時)、不定休/TEL06-4963-2180

写真

洋服のほか、服作りで余る生地で製作したマスコットも販売

F.好呷(ホージャー)

台湾屋台の味は
驚くほどジューシー

 台湾の屋台で有名な巨大唐揚げ「ジーパイ」の専門店。人気の焼き唐揚げは、秘伝のパウダーをまぶした鶏胸肉を一度揚げたあと、現地のバーベキューソースをかけながら、炭火で焼き上げます。正午~午後10時、無休/TEL06-6212-1228

写真

甘辛くジューシーな「台湾焼き唐揚げ」(700円)と大きなタピオカが入ったミルクティー(500ml、350円)で旅気分に


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ