【今月のおでかけエリア】摩耶


京阪神おでかけ案内

 3月に開業したJR摩耶駅や阪急王子公園駅の近くには、兵庫県立美術館や神戸市立王子動物園があり、充実した休日を過ごせそう。そんなときに立ち寄りたいお店を紹介します。

地図

▲クリックして大きい地図を見る


【今月のエリア】摩耶

新しい駅で降りて春の休日散歩

A.フクロウパン

食感に合わせて
小麦粉を使い分け

 店主が描いたフクロウのロゴが目印。レトロな店内には、食事パンがメインで並びます。もっちりした食パンには国内産、さっくり食感が自慢のバゲットにはカナダ産と、食感に合わせて小麦粉の使い分けも。午前8時~午後6時、火曜・第2月曜休/TEL078-778-3332

写真

一番人気は角食パン(280円)。ほか「キタノカオリ山食パン」「ゆめちからベーグル」(各180円~)など、使っている北海道産の小麦粉がそのまま商品名になったものも。

B.しろかね珈琲店

鮮度にこだわったコーヒーを
スイーツと一緒に

 豆の鮮度にこだわる東京・白金のコーヒー豆販売店が、初の喫茶店を昨年オープン。焙煎したての豆をハンドドリップしたコーヒーと、その風味に合わせた「チーズケーキ」(500円)を。午前8時~午後7時(LO6時30分)、第3水曜休/TEL078-200-6004

写真

ブラックで楽しみたい「スペシャリティブレンド」(450円)をオーダーすると、キュートなポーランド産のカップに入れてくれます。

C.パレット食堂

野菜たっぷり定食で
元気をチャージ

 野菜をふんだんに使った定食を、終日味わうことができます。おかずも種類豊富で、地元農家から取り寄せたお米で炊いたごはんが進みそう。午前11時30分~午後3時(LO2時30分)、5時30分~8時30分(LO8時)、火曜休(不定休あり)/TEL078-806-5051

写真

自家製飲む野菜(スムージー)に、サラダ、肉or魚のおかずなど計8品がつく「パレットセット」(880円)。ボリューム満点です。

D.Lifestyle Shop Sowelu(ソエル)

日常に彩りを“添える”
ヒントが見つかるかも

 アンティーク家具や、グリーンのグッズが並ぶ雑貨店、ランチがおいしいカフェに、ギャラリーがそろった複合ショップ。店名には、日常に彩りを“添える”という意味が。店内に置かれているものはすべて購入できます。午前11時~午後7時、水曜休/TEL078-861-2001

写真

店内に入るとカラフルな写真と植木鉢が印象的。

E.FLYING FROG KOBE ABC

ナチュラル派は必見
春のおしゃれを楽しんで

 白を基調としたお店には、ナチュラルなレディースアイテムとソフトアメカジなメンズ商品がそろいます。春はほぼ毎週、新商品が並ぶので、欲しいものがきっと見つかりますよ。午前11時~午後8時、無休/TEL078-801-8828

写真

トレンドカラー、ブルーのオススメコーデのほか、人気のジャケットMA-1など、ほとんどのアイテムが1万円まで。

F.オクトバル

あの“粉もん”が
女子メニューに変身

 たこ焼きとお酒を楽しむバルには、イカスミ入り、ゴルゴンゾーラチーズとはちみつでいただくメニューなど、“粉もん”の概念が変わる一品も。午後3時~11時(LO10時30分)、不定休(4月は18日・19日)/携帯070-5506-0077

写真

「タパス3種盛り」(600円)、ワイン(500円~)と合わせたい新メニュー「オマール海老 トマトソースたこ焼き」(1000円)は口に入れた瞬間、濃厚な風味が広がります。


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ