vol.12「サクサクの揚げ物を作りたい! 」|OL風まかないごはん|おでかけ・グルメ

【vol.12 今月のまかないごはん】フライパンでできる天ぷら


OL風まかないごはん

 大量の油を使うこともあって、ついつい敬遠しがちなお家での揚げ物作り。今回の「まかないごはん」は、少ない油でお店で食べるようなサクサクッとした食感を楽しめる、天ぷらが登場。調理時間も約15分と簡単にできるのも◎です。

Reader's voice
【vol.12】
サクサクの揚げ物を作りたい!
(25歳・製造)

お店で食べるような食感
おつまみにも活躍しそう

 「とにかくサッと作れるものを」と、天丼や親子丼、牛丼など丼モノが多いという「神戸割烹 ここのい」のまかない。今回は、週1、2回は作るという「天ぷら」をアレンジしてくれました。お店では、通常、小麦粉のみで作るという衣にかたくり粉を加えることで、よりサクサク感がアップ。フライパンでも簡単に作れるお手軽な「天ぷら」に仕上がっています。「今回は、より手軽に作れるよう、天ぷら粉で代用。ポイントは、衣を作るときにグルグルかき混ぜないこと。ヘラなどで切るようにして混ぜて、粘りを出さないようにするのが重要ですね」と料理人の鎌田さん。また、直接氷を入れて冷やしながら衣を作れば、油との温度差が広がり、よりサクサク感が生まれるとか。ご飯のお供にはもちろん、お酒のおつまみとしても、重宝しそう。

フライパンでできる天ぷら

【 材料・1人分 】

ジャガイモ、カボチャ、・・・・・・・・適量
玉ネギ、ナスなど好みの
野菜ごはん
アジ、サンマなど好みの魚 ・・・適量
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200cc
卵 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
天ぷら粉(なければ小麦粉)・・90g
天ぷら粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
(揚げる前の具材に軽く付ける用)
かたくり粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3杯
薄口しょうゆ ・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1杯
塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
油 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
ポン酢 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3杯
ゴマ油 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2杯
レモン汁 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1杯
すりごま ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・好みで
コチュジャン ・・・・・・・・・・・・・・・好みで
刻みネギ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

【 作り方 】

1. 卵をよくかき混ぜた後、水を入れ、再びかき混ぜる。

2. 1をザルで1回こす。

3. 天ぷら粉とかたくり粉を加えて、サックリと混ぜる。

4. 最後に薄口しょうゆと塩を入れて軽くかき混ぜれば、衣が完成。

5. 野菜をそれぞれ5mmぐらいのスライスに、魚はへぎ切りでスライス状にする。

6. どちらも水気をよく取って、天ぷら粉を薄く付ける。

7. フライパンに野菜と魚が片面つかるくらいの油を入れる。※スライスが5mm程度なので、油は3mm程度になるぐらいの分量が目安。

8. 油が170℃~180℃になったら、6に衣を付けてフライパンに入れる。

9. 中火で片面きつね色になったら裏返し、両面きつね色になったらフライパンから上げる。

10. 好みで塩を添える。または、ポン酢、ゴマ油、レモン汁、すりごま、コチュジャン、刻みネギを合わせたつけタレを用意すれば出来上がり。

レシピを考えてくれたお店

神戸割烹 ここのい

 会席コースを中心に、旬の食材を生かした本格和食を味わえる割烹店。月替わりで多彩なメニューが登場し、目と舌で堪能できます。11月からは、昨年も好評だった「カニのグラタン」が登場予定。

Data

神戸市中央区下山手通2-1-1、KEビル2階
電話078-321-2688
営業時間 午前11時30分~午後2時、6時~10時/日曜休

鎌田恵輔さん
料理人
鎌田恵輔さん

神戸割烹 ここのい


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ