村上 佳菜子さんにインタビュー


INTERVIEW
INTERVIEW

プロフィギュアスケーター村上 佳菜子

「バーン・ザ・フロア」のSPサポーターに就任

言葉を使わず表現する繊細な思いを肌で感じて

 競技ダンスを経験した、“表現のプロ”によるダンスエンターテインメント、バーン・ザ・フロアは、1999年の初演以降、世界30カ国以上で開催されてきました。

 カンパニー創設20周年を迎えた今年、来日10回目を記念した、スペシャル・アニバーサリー公演「バーン・ザ・フロア Joy of Dancing」の上演が決定。そのスペシャルサポーターに村上佳菜子さんが就任しました。

 村上さんが初めてバーン・ザ・フロアを見たのは、2004年の愛知公演。華やかな衣装や迫力満点の演出は今でも覚えているのだそう。「言葉ではなく、体の動きと表情だけで演じるところは、フィギュアスケートと似ていて。今は振り付けを自分で考えているので、ダンサーの体の使い方は、とても勉強になります」

 ワルツやサンバ、ルンバなどジャンルにとらわれない同公演は、まさにダンスのフルコース。何度でも見たくなるような、“新しさ”を追求しています。最新作には、これまで見たことがない人も楽しめる、特別な演出が―。「マイケル・ジャクソンの曲やスマートフォンを使ったパフォーマンスもあり、さらに進化した作品になっています。多くの人にその魅力を知ってもらいたいですね」

写真

バーン・ザ・フロア Joy of Dancing
5月25日(金)~28日(月)

チケットは2月10日から発売中。
【日時】 5月25日(金)~28日(月)
【会場】 フェスティバルホール
【料金】 7500円~2万円
【問い合わせ】 キョードーインフォメーション/TEL.0570-200-888(午前10時~午後6時)

写真


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 2月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ