大阪・神戸の情報をお届け!


Information

Information

<京都市> 京都国立近代美術館
3月4日(日)まで

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

 ゴッホと日本との相互関係にスポットをあてた展覧会。第1部では国内外のコレクションから、日本初公開の作品を含め、厳選したファン・ゴッホ作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など約40点によって、ゴッホが日本からどのような影響を受けたかを読み解きます。第2部では、初期における日本人のゴッホ巡礼を豊富な資料からたどります。地下鉄東西線東山駅歩10分/午前9時30分~午後5時(金・土曜は8時)/月曜休(2月12日開館)、翌13日休/1500円/電話075-761-4111

フィンセント・ファン・ゴッホ《夾竹桃と本のある静物》1888年 メトロポリタン美術館蔵(ジョン・L.・ローブ夫妻寄贈)
Image copyright ©The Metropolitan Museum of Art.Imagesource: Art Resource,NY


<梅田> ザ・リッツ・カールトン大阪
3月31日(土)まで

マノロ ブラニク アフタヌーンティー

 1階「ザ・ロビーラウンジ」では、“靴の王様”の異名を持つ世界的シューズブランド「マノロ ブラニク」をテーマにしたオリジナルアフタヌーンティーを提供中。同ブランドのアイコン、ハンギシシリーズを模したクッキーやクラッチバッグ形のチョコレートをはじめ、フォアグラ入りサンドイッチ、キャビアや金箔をあしらったタルトなどがいただけます。エレガント&ゴージャスな世界にたっぷり浸れそう。5292円(サ別)/午前11時~午後7時/電話06-6343-7020/https://www.ritz-carlton.co.jp/

軽食からスイーツまで、ため息が出るほどの美しさ。コーヒー、または紅茶と味わって


<心斎橋> 大丸心斎橋店 
2月14日(水)まで

大阪粋(すい) ええやん

 “ものづくりの大阪”発の、素材・技術・アイデアが詰まった商品が北館に集合。6階では、府内で唯一の大阪銅器職人・田中克彌さんによるフライパン(1万8900円)が手に入るほか、2月1日(木)~6日(火)にはオリジナルの器が作れる、ろくろ体験(2160円)ができます。さらに2月7日(水)~13日(火)には、メタルの強さとスパイスが効いたデザインが美しい「YOKO KITAGAWA」のアクセサリー(1万2420円~/1階)が登場。地元・大阪の魅力を再発見できそう。/電話06-6271-1231

チョコレート専門店エクチュア×堺泉酒造「千利休」の酒粕と純米吟醸酒を練り込んだ「SAKE しょこら」(4個入り・1620円)。100個限定/14階イベントホール


<扇町> カンテレ扇町スクエア、北区民センター、扇町公園
2月3日(土)・4日(日)

ワン・ワールド・フェスティバル

 関西のNGOやNPO、国連機関、企業などが集まる国際協力・交流のフェスティバル。多彩な講演会やワークショップが開かれるほか、カンテレステージでは、メキシコダンス(4日午後1時)やタヒチアンダンス(4日午後3時30分)など、各国の文化の紹介も。扇町公園には、モンゴルのゲルや世界の料理の屋台が登場します。地下鉄扇町駅歩1分/午前10時~午後5時/入場無料/電話06-6777-1039

多彩な文化に触れてみて(写真は昨年の様子)


<南森町> 大阪天満宮
2月10日(土)~12日(振休・月)

天満天神梅酒フェス2018

 梅の開花に合わせ、全国から集まった180種類の梅酒や果実酒が楽しめるイベント。梅酒試飲コーナー(1杯100円~)で好みをチェックし、気に入った梅酒があれば、梅酒直営所で購入できます。大阪天満宮限定の「天満梅酒」の販売も。梅の花をめでながら、ほろよい気分を楽しめそう。地下鉄南森町駅歩5分/午前10時~午後4時/1000円/雨天決行/電話06-6353-0025

梅酒の豊かな味と香りに酔いしれて(写真は前回の様子)



Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 2月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ