【ラグビーW杯】大阪・神戸で開催中 ファンゾーンで盛り上がろう


11月2日(土)まで日本各地で熱戦が繰り広げられる、ラグビーワールドカップ2019日本大会。試合が開催される大阪・神戸には、アトラクションやパフォーマンスで、ラグビー初心者も楽しめるファンゾーンが設けられています。国内外のラグビーファンとの交流も楽しめるかも。ラグビー好きもそうでない人も、応援に出かけましょっ!

てんしばエリア

イメージ

解説やトークでラグビー初心者も楽しめる

日本代表戦と東大阪市花園ラグビー場で開催される試合を中心としたパブリックビューイング(下記参照)が行われる、「てんしば」のファンゾーン。パブリックビューイングの合間には、ラグビー初心者でもわかりやすく、楽しんで見ることができる試合の解説や、ラグビー選手・芸人によるトークがあります。300インチの大モニターで選手たちの迫力あるプレーを観戦してみて。  さらに実際にラグビーボールを使って行うトライ体験や、ストラックアウトといった、ラグビーに親しめるアクティビティーも。飲食ブースでは、花園ラグビー場で試合を行う7カ国の料理を提供。今大会の公式グッズの販売も行われます。

◎ファンゾーン&パブリックビューイング開催日

★10月5日(土)
オーストラリアVSウルグアイ
イングランドVSアルゼンチン
日本VSサモア

★10月13日(日)
ナミビアVSカナダ
アメリカVSトンガ
ウェールズVSウルグアイ
日本VSスコットランド

★開催場所
天王寺公園エントランスエリア「てんしば」(近鉄大阪阿部野橋駅、各線天王寺駅すぐ)

★時間
午後1時~10時(13日は午前11時~)
入場無料。入場・再入場の際は手荷物検査あり。飲食物持ち込み不可。詳細はラグビーワールドカップ2019(TM)大阪・花園開催推進委員会のWebで確認を。

神戸メリケンパークエリア

イメージ

神戸ゆかりのグルメ、パフォーマンスが登場

日本で開催されるファンゾーンの中で、会場面積が2番目に広い「神戸メリケンパーク」。パブリックビューイング(下記参照)と共に行われるステージで、ジャズや雅楽、和太鼓、弦楽器などのパフォーマンスを楽しんで。灘五郷酒造組合や、KOBE豚饅サミットなど神戸ゆかりのグルメのほか、神戸市御崎公園球技場で試合を行う国々が、食や観光PRを行うブースも日替わりで出店されます。 ほかにも、タックルをしない5人制タグラグビー「FIVES」や、トライなどラグビーの一連の動作を体験できるエリアもあります。

◎ファンゾーン&パブリックビューイング開催日

★10月5日(土)
オーストラリアVSウルグアイ
イングランドVSアルゼンチン
日本VSサモア

★10月6日(日)
ニュージーランドVSナミビア
フランスVSトンガ

★10月8日(火)
南アフリカVSカナダ

★開催場所
神戸メリケンパーク(神戸市営地下鉄旧居留地・大丸前駅歩12分)
★時間
午前11時から開場(閉場時間は日により異なるので確認を)
入場無料。入場・再入場の際は手荷物検査あり。飲食物持ち込み不可。詳細は神戸のラグビー情報のWebで確認を。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ