INTERVIEW 俳優 三浦春馬さん


interview

俳優三浦春馬

舞台「罪と罰」に出演

今までにない役柄に挑戦
「楽しみながら向き合いたい」

 作家・ドストエフスキーの名作の一つ、「罪と罰」が舞台化。主人公のラスコリニコフを演じる三浦春馬さんに、舞台への意気込みを聞きました。

 本作の舞台は、ロシアのサンクトペテルブルク。正義のために、殺人事件を起こした青年・ラスコリニコフが背負った罪を描いた倒叙ミステリーです。

 「どんなことがあっても人をあやめてはいけないし、もちろん、自分もそのような罪を犯したことがないので、ラスコリニコフの行動が理解できない場面も…。今までにない役柄で不安もありますが、新しい役に挑戦することは、楽しみでもあります。どこまで、ラスコリニコフに近付けられるか、自分自身に期待して、しっかり向き合っていきたいです」と、意気込みを語ります。

 「難作と言われている本作の重厚なストーリーからあふれ出るエネルギーを感じ取ってほしい。終演後に、“言葉にならないけれど、すごいものを見た”と思ってもらえたら、うれしいですね」

写真

PROFILE
1990年、茨城県出身。「オトナ高校」(テレビ朝日系)や「SUNNY 強い気持ち・強い愛」など多数の作品に出演。12月28日(金)に「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の公開を控える。

「罪と罰」(大阪公演)森ノ宮ピロティホール
2019年2月9日(土)~17日(日)

 「人類のためなら法を犯してもいい」という考えを持つラスコリニコフ(三浦春馬)は、老婆を殺害したことで罪の意識にさいなまれていくが…。▽チケットは全席指定1万1000円。12月16日(日)から発売。
【問い合わせ】キョードーインフォメーション(TEL.0570-200-888/10:00~18:00)

写真


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ