【編集部ブログ〈大阪〉】ブルガリの新作コラボスイーツは驚きがいっぱい


こんにちは。編集部・Iです。梅雨の真っ最中で、毎日ジメジメと蒸し暑いですね~。たまにはちょっと高級スイーツでドンヨリした気分を吹き飛ばしませんか?

イタリアのジュエリーブランド「ブルガリ」が展開するチョコレートショップ「ブルガリ イル・チョコラート」は、イタリア人ペイストリーシェフ、ジャンルカ・フストさんとのコラボレーションスイーツを発表!期間限定販売につき、7月5日(金)、メディア向けの発表会がブルガリ イル・カフェ(阪急うめだ本店内)で行われました。

当日の様子をレポートします~~。

 

自らが創造した〝作品〟を前に、穏やかにスイーツへの情熱を語るジャンルカ・フストさん。

 

チョコレートのテーマは「旅」――。「旅は自分がどのような存在であるのか、見つけるもの」

 

まずは、チョコレートから。

ブルガリ チョコレート ジェムズ(宝石) 3個入りセット

「サフラン&ソルティ・アーモンド」(左)、「抹茶&ローズマリー・ピスタチオ」(中央)、「キャラメルオレンジ」(右)

 

「サフラン&ソルティ・アーモンド」(左)

中が2層になったホワイトチョコレート。はじめに香りを楽しんでから味を味わってほしい、とフストさん。アーモンドは生で使うと、お米に近い味わいと言います。

 

「キャラメルオレンジ」(右)

ひと口噛むと、オレンジの香りが口いっぱいに広がるミルクチョコレート。ミラノで生まれ育ったフストさんは、「小さい頃を思い出して作りました」。イタリアの子どもたちは「ミルクチョコにオレンジをミックスしたものが大好き」とのことで、ひと口かむと、オレンジの香りがいっぱいに広がりました。

 

「抹茶&ローズマリー・ピスタチオ」(中央)

フストさんが10年前初来日し、茶道を体験したときの思いを込めた一品。

「日本に来て味わった、苦い抹茶と甘いお菓子に感動しました。今回ブルガリで表現したかったのは、この融合です」。トップは、シチリア産のピスタチオ。ローズマリーと抹茶!という組み合わせに、どんな味なのか想像が膨らみました。乾燥させたローズマリーをキャラメリゼしているそうで、シャリシャリとした食感が新鮮でした。

 

ほかに、イタリア南部のカプリに代表される伝統菓子「カプレーゼ」。通常は刻んだナッツをたっぷり使用するチョコレートケーキですが、チョコレートの代わりにゆずを使い、生地にはバターの代わりにオリーブオイルが使用されています。フストさんならではの感性が発揮されているように思いました。

グラスは、この日限定で提供された「エスターテ」。とてもさわやかな味わいのこのカクテルは、イタリア語で「夏」という意味なんだそう。

 

 

ご紹介したスイーツは、9月30日まで販売予定です。

 

 

〈チョコレート〉

ブルガリ チョコレート・ジェムズ 3個入りセット――リミテッド エディション by Fusto

■価格:3100円

■9月30日まで販売予定

 

ブルガリ チョコレート・ジェム 1個入り――リミテッド エディション by Fusto

限定フレーバー「抹茶&ローズマリー」1個入りの限定ボックス

■価格:1500円

■9月30日まで販売予定

 

カプレーゼ

■価格:5500円

■9月30日まで販売予定

 

紹介したスイーツは、「ブルガリ イル・カフェ」(阪急うめだ本店4階)、「ブルガリ イル・チョコラート」(高島屋大阪地下1階)で販売されています。

夏休みで帰省するよ~という人、ちょっとした手土産などを購入されるときに、こんなステキなスイーツを持参してみてはいかがでしょう?

 

オンラインショップ http://gourmet.bulgari.com/


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ