【編集部ブログ<大阪>】シティデパートカレッジ・あべのハルカス近鉄本店でファッションセミナーを開催


寒さが戻ったと思ったら、週末は満開の桜!
まだ春をイマイチ実感できていないうちに、桜は散ってしまう気がしている編集・ぼうです。

今回は、先日行われた「シティデパートカレッジ」の「春のトレンド&パーソナルカラーセミナー」の様子
をレポートします。

あべのハルカス近鉄本店「春のトレンド&パーソナルカラーセミナー」レポート

セミナーは、3月27日の夕方、あべのハルカス近鉄本店で実施されました。

講師は、近鉄文化サロン阿倍野でパーソナルカラー診断をベースにした講座を開講している、
三好さよ子さん。とってもおきれいで、やさしい素敵な雰囲気の方でした。

三好さんの講座はコチラから
↓↓
https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/?kouza_num=1000480

会場は婦人服売り場のエスカレーター横に設置いただいた特別スペース。
セミナーには、応募多数の中から抽選で当選した、6名のシティ読者が参加しました。

参加者の悩みとして多かったのは…。
「服選びに自信がない。似合う服を知りたい!」
「どうしても無難なデザイン・カラーの服を選びがち」

それに対し三好さんも、
「私自身ももともと、色にチャレンジできない人だったんです。ショッピングに出かけても、似合う服が分
からずき回って疲れていました」と話します。

最初にパーソナルカラーの基礎についてレクチャー。
まずは、その人の肌や瞳の色などから、大きく「イエローベース(イエベ)」「ブルーベース(ブルベ)」
に分けられるそうです。
「イエローベース」=オークル系の肌、茶色がかった瞳、髪など
「ブルーベース」=ピンク系の肌、黒っぽい瞳、髪など

写真右がイエローベース、右がブルーベースです。

さらにパーソナルカラー診断では、4つのカテゴリー「春」「夏」「秋」「冬」のどれに当てはまるかを診断
します。
イエローベース=「春」「秋」、ブルーベース=「夏」「冬」となるそうです。

三好さんは、参加者それぞれに簡単にパーソナル診断を行ってくれました。

「オークル系だと思っていたのに、実は『夏』だったんだ!」
「グレーがいまいち似合わないと思っていたのですが、『秋』の人には難しい色なんですね」
など、それぞれ自分のタイプが分かると一気に盛り上がります。

トレンドを上手に取り入れることで新しい自分を発見できる

売り場を回遊しながら、実際に「春」「夏」「秋」「冬」タイプの人には、
どんなカラーが合うのかを商品をチェックしながらの紹介も。

その後も次々に参加者からの質問が。
例えば…。

 

参加者「パーソナルカラーは年を経たら変わるのでしょうか?」
三好さん「その人の持って生まれたものなので、基本的には変わりません」

 

参加者「ビビッド系が得意な『冬』と診断されましたが、やわらかいパステルカラーにあこがれるんです」
三好さん「全身やわらかい色合いのワントーンコーデにしても、小物系でシメ色を持ってくれば似合うので
はないでしょうか」

 

参加者「はっきり明るいカラーはなかなかチャレンジしにくくて…」
三好さん「ボトムスにもってくると取り入れやすいですよ」

 

それぞれに丁寧に答えてくれました。

 

トレンドを追いかけるよりも、自分の似合う服を!という最近の兆候ですが、
「トレンドを上手に取り入れると、今までとは違った自分を発見できますよ」と三好さん。

 

似合う色を知ると自分への自信も生まれ、さらにファッションが楽しくなる…
それを参加者は体験できたようです。
生き生きとした笑顔で帰っていく様子が印象的でした。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ