【編集部ブログ〈大阪〉】ブルガリのコレクションにKoki,さんが登場


ブルガリのコレクションにモデルのKoki,さんが登場

 

こんにちは。編集部・Iです~。

イタリアの高級ジュエリー「ブルガリ」は、円形のフォルムが特徴的な「ビー・ゼロワン」のコレクション誕生20周年を祝し、3月7日(木)、大阪文化館・天保山でイベントを開催しました。その時の様子をレポートします。

 

ブルガリが関西でイベントを開催するのは2度目。ゲストとして、ブルガリアンバサダーのKoki,さんが登壇。

モデルデビュー以来、大阪は初めてというKoki,さんは、みなさんご存じのように、木村拓哉さんと、工藤静香さんの次女。

大阪の印象を問われると、「大阪は活気にあふれていて、人々はパッショネイト!」と答え、「551の豚まんと、お出汁で食べるタコ焼きが好きです」と、ティーンらしい一面も。

 

 

この日、ネックレス、ピアス、リング、ブレスレットと総額544万円のジュエリーを着用したKoki,さんは、2月にローマで開催されたブルガリイベントにも参加。

「ブルガリの多くのジュエリーはローマの街からインスピレーションを受けているので、ブルガリを身にまとうということはローマの一部を身にまとうということ。ブルガリがローマを愛していることがわかりました」

 

ブルガリ本店にも足を運んだKoki,さんは、「格式があり、素晴らしいお店でした。アーカイブを案内してもらったのですが、エリザベス・テイラーさんが身に着けていたネックレスを触らせてもらったときに、とても感動しました」とコメント。

 

■エレガントで心が強い女性に

また、「ビー・ゼロワン」が20周年を迎えることから、20歳になったときの理想の女性像を問われると、「いろいろな経験を積み、ブルガリのジュエリーにふさわしい、エレガントで心が強い女性になりたいと思います」と宣言しました。

 

ブルガリジャパンの社長、ウォルター・ボロニーノさんとのフォトセッションでの堂々としたたたずまいに、16歳とは思えないオーラ、カッコよさを感じました!

 

 

気軽に購入するのは難しいジュエリーですが、何かのアニバーサリーでお祝いしたいときや、自分で頑張ったなと思えるときのご褒美として、身にまといたいですね。

 

 


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 9月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ