【編集部ブログ<OSAKA>】みそ汁って奥が深い! 2月17日に、みそ汁&みそ玉の料理教室を実施しました


こんにちは。

シティ編集部です。
しばらくたってしまいましたが、2月17日に実施した「みそ汁&みそ玉料理教室」が、
とってもいい感じだったので、その様子を少しご紹介します。

料理教室を行ったのは、大阪ガス「ハグミュージアム」(大阪市西区千代崎)。
私ごとですが、自宅が近いのでたま~に足を運んで、キッチンなどを見ていると、個人的にテンションが上がります。

話がそれました(汗)。

当日は、20人のシティ読者が参加。
まずは、4チームに分かれ、講師の濱田美里さんからレシピについての説明を受けます。

ちなみに、講師を務めてくれた濱田美里さんは、神戸と東京で少人数での料理教室を開催中。
着物姿が、〝凜〟と素敵です!

説明が終わったらそれぞれ調理台に移動して、調理開始。

この日作ったメニューは、
・豚と春キャベツ、アサリ、プチトマトのみそ汁
・切り干し大根とクレソンの和え物
・みそ玉2種(乾燥ホウレンソウ×鮭フレーク・大葉×梅干し×鰹節×乾燥ネギ)

進め方は、各調理台ごとに自由。
メニューごとに分担している調理台もあれば、みんなで一緒に作っている調理台もあってさまざま。
見ていて、意外と楽しそうに作っていたのがみそ玉。


「どれくらい保存できるんですか?」
「材料を全部混ぜてから、丸めたらいいんですか?」
など、積極的に質問も飛び出します。
確かに簡単だし、お弁当のおともとして会社に持参しても便利そうだ。ふむ。

40分くらいで調理が終了。各調理台から、おいしそうなニオイがしてきます。
う~ん、私も食べたいっ!←おあずけの人(涙)。

 

そのあとは、待望の試食。
ガス火で炊いたご飯と一緒に、自分たちで作った料理をいただきます。
ごはん、みそ汁と和えものというシンプルなメニューでしたが、それでも皆さん満足そう。
濱田さんとの会話も弾みます。

試食が終わったら、
大阪ガス「ハグミュージアム」の担当者から、施設についての簡単な説明も。
こちらも皆さん、熱心に耳を傾けていましたよ♪ http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/hugmuseum/ 

 

参加者からは、
味噌汁が〝ご馳走〟になるのがわかって、とても勉強になりました。トマトを入れることでさっぱりした味になり、
普段の味噌汁のイメージが変わりました

・濱田先生の人柄に触れて、またグループのみなさんとも協力できて、簡単においしくみそ汁を学べたのがよかった!

ハイテクな大阪ガスのコンロを使えたのも良い体験になりました。

という感想が。

皆さん、とっても楽しそうに料理をしていたので、
また、このようなイベントが実施できたらなあ、と思ったとか、思わなかったとか(笑)。

もし機会がありましたら、ぜひぜひ参加してくださいね!


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ