【vol.10 今回のテーマ】親子アウトドア


悩んで一歩大きくなる Growing Mama Cityliving×ぎゅって

 ワーキングマザーの毎日を応援するコラム「Growing Mama」。今回は、夏休みに向けて、アウトドアを子どもと一緒に楽しむ秘訣を、アウトドア総合ブランドに勤務するママに聞きました。

今回のテーマ:親子アウトドア

Q.「子どもと一緒に自然と触れ合ったり、アウトドアをしたりするときの、準備や楽しみ方のポイントを知りたい」(35歳・サービス)

A.日差し、虫、安全への対策を万全に

 帽子と防虫グッズ、長袖の羽織りものは忘れずに。迷子になるのを防ぐには、出かける前に「親が見えないところへは絶対に行かない」と子どもと約束し、親子ともに自然の中で映える色の服や帽子を選んで。川などの水辺で遊ぶときは、ライフジャケットを必ず着用しましょう。天気はこまめにチェックをして、雨や風の予報があるときは予定を変更し、無理をしないことも大切です。

双眼鏡やスマホも“使える”アイテム

 双眼鏡で鳥を眺めたり、気になる草花をスマホのカメラで撮影したりと、身近なグッズでも十分に子どもと一緒に楽しむことができます。夜空にスマホをかざすと、星座や人工衛星の軌道を示してくれるアプリも。泳げなくても水中観察ができる、箱メガネもおすすめです。

 わざわざ炭などで火をおこさなくても、外でおにぎりを食べるだけでも気分が変わって楽しいもの。コンパクトなガスバーナーを持参し、串に刺したマシュマロをあぶれば、子どもが大好きなおやつになります。

 近年、アウトドア向けに整備された施設が増えています。よく子ども向けのイベントも用意されているので、初心者でも気軽に楽しめますよ。

写真

モンベルではキャンプ体験や自然体験イベントを多数展開(写真はイメージ)
http://event.montbell.jp/

写真

京都府城陽市に6月30日(土)、全天候型キャンプ施設や子どもの遊び場が充実した「LOGOS LAND」がオープン(写真はイメージ)
https://logosland.jp/

Profile
三島佐知子さん
 モンベル広報部勤務。プライベートでは4歳の長男とアウトドアを楽しむ。「モンベル各店には子ども向けのイベントやグッズに詳しいスタッフがいます。気軽に相談してみて」

オフィスへの無料配布もスタート

ぎゅって by あんふぁんとは?

ぎゅって by あんふぁん

 保育園ママを応援する無料情報誌。子どもとの時間の過ごし方や時短レシピなど、ワーママに役立つ情報をお届けします。全国約38万部を配布。年間7回発行。全国私立保育園連盟や加盟保育園などの承認・協力を得て、保育園に配布しているほか、オフィスへも配布を開始しています(いずれも無料)。

>>「ぎゅってWeb」はこちら

申し込みはコチラから

オフィスへの配布を希望する

※申し込みいただいても、状況によってお届けできない場合があります。※自宅へのお届けはできません。

<問い合わせ>TEL06-6647-2109
サンケイリビング新聞社メディア事業部


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ