【vol.8 今回のテーマ】ワーキングマザーのキャリアプラン


悩んで一歩大きくなる Growing Mama Cityliving×ぎゅって

 子育てと仕事を両立する人を応援するコラム「Growing Mama」。今回は、ワーキングマザーのキャリアプランについて、専門家にアドバイスしてもらいました。

今回のテーマ:ワーキングマザーのキャリアプラン

Q.育休や時短によるキャリアダウンを防ぎ、子育てをしながらキャリアアップを図るには、どうすればいいでしょうか(32歳/サービス)

A.フルタイム、残業なしのスタイルで復帰を

 キャリアアップを目指すのなら、できるだけ初めから夫婦で協力してフルタイムで復帰をし、残業をせずに帰れるスタイルを築くのがベストです。復帰のタイミングは、保育園に入りやすい4月に合わせて。時短勤務は、キャリア面でも給与面でも不利になりがち。やむを得ず数年にわたり時短勤務をするのであれば、限られた時間で成果を出せるように、また将来フルタイムへの復帰や転職をする際にアピールできるように、自分の得意分野や専門分野を見つけておきましょう。今の状態では、どうしても子育てとフルタイム勤務の両立が難しいのであれば、働き方自体を再検討してもいいと思います。テレワーク(在宅勤務など)やフレックスタイムを利用してキャリアを築ける会社は増えていますよ。

●小学校入学、2人目以降の出産は見直しのとき

 将来の目標やなりたい姿がはっきりしている人は、そこから逆算してキャリアプランを立てましょう。子どもの小学校入学や2人目以降の出産は、働き方を見直すタイミングなので、プランに組み込んで。具体的な目標が思い浮かばない人は、まずは目の前の仕事に取り組みながら、自分の好きなことや得意分野を見つけましょう。そもそも子どもの成長や時代の変化は、予測するのが難しいもの。その都度、柔軟にキャリアの方向性を修正していけばいいのです。

イラスト

Profile
椎葉怜子さん
 ルシーダ代表取締役社長。国家資格キャリアカウンセラー。2児の母。著書に「テレワークで働き方が変わる!テレワーク白書2016」(共著/インプレスR&D)。http://www.lucida.jp

オフィスへの無料配布もスタート

ぎゅって by あんふぁんとは?

「ぎゅって」

 働くママを応援する無料情報誌。子どもとの時間の過ごし方や時短レシピなど、ワーママに役立つ情報をお届けします。全国約38万部を配布。年間7回発行。全国私立保育園連盟や加盟保育園などの承認・協力を得て、保育園に配布しているほか、今年からはオフィスへも配布を開始しています(いずれも無料)。

>>「ぎゅってWeb」はこちら

申し込みはコチラから

オフィスへの配布を希望する

※申し込みいただいても、状況によってお届けできない場合があります。※自宅へのお届けはできません。

<問い合わせ>TEL06-6647-2109
サンケイリビング新聞社メディア事業部


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 7月27日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ