【vol.5】 大阪府和泉市「いずみの里」


Farm to Citytable
Farm to Citytable
 大阪府の女性農業者の取り組みを紹介する「Farm to City table」。5回目の今回は、大阪府で一、二を争うみかんの産地・和泉市を訪ね、農業法人「いずみの里」の人に話を聞きました。

【vol.5】 大阪府和泉市「いずみの里」

楽しみながら工夫しながら
みんなで作った自慢の味

photo

やさしい笑顔の久保さんと同僚の山中千代子さん(写真右)

いずみの里 6次産業化担当
久保 充己(くぼ あつみ)さん(69歳・写真左)
【農業歴42年】

 戦前、大阪府は全国でも有数のみかんの産地でした。その中心地だった和泉市は、今も温州みかんの栽培が盛ん。久保充己さんは農業を営みながら、大阪府初の女性農業者による農業法人・いずみの里の設立に携わり、10年間代表を務めました。

 「結婚当初は、みかん農家に嫁いだという意識はなく、自宅で子供向けの英語塾をしていました。義父が亡くなったのを機に、自ら農業の道へ。なんの気負いも知識もない状態で始めたので、楽しみながら工夫しながらの農業でした」

 農家の女性グループで、料理の勉強会や朝市などの活動をする中、法人化の話が舞い込み、約3年間仲間とともに一から勉強して、2001年に有限会社を設立。「“大阪みかん”のおいしさを年中アピールできる、いずみの里の看板商品を作りたくて完成したドレッシングは、私たちの自慢の味です」

こんなのも作ってます!

photo
 和泉市産のお米を使った米粉パンは、毎日厨房で手作り。「みかんあんパン」(160円・写真手前)など、種類は50種類以上。みかん餡を絡めた「みかんくるみ餅」や手作りみそも。
【 購入できる場所 】

 道の駅「いずみ山愛の里」(大阪府和泉市仏並町398-1)のほか、「イズミヤ 和泉中央店」や、岸和田市の道の駅「愛彩ランド」で購入可。

Present
まるごとみかんドレッシング 200ml(870円) 5人に

 皮も実も、みかんをまるごとペースト状にし、ノンオイルで仕上げたドレッシング。皮まで使用するため、極力農薬を使わず、みかんペースト用に栽培された特別なみかんを使用。濃厚で、甘みと酸味の両方が感じられるドレッシングは、サラダはもちろん肉・魚料理との相性も抜群。

photo
プレゼントの応募はこちら
2016年2月14日(火)締め切り
応募は終了しました

シティリビングは「大阪発女性農業者応援事業」を応援しています。


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ