【レシピあり】みそを極めて作る 至福の一杯


みそを極めて作る 至福の一杯

朝、窓を開けると、鼻が“ツン”と痛くなる
家から出るのもおっくうになりそうな寒い日は
みそ汁で元気をチャージしよう
ほかほかのご飯とおみそ汁 
それだけあれば立派な“一食”に
豆腐や薄揚げなどシンプルな具材もいいけれど
ときにはこだわりの食材を使って
とっておきの一杯を

  • プロに聞く みそのお話
  • 作ってみたい! みそ玉レシピ
  • シティ読者限定 料理教室参加者募集
具だくさんのみそ汁で 心も体も元気に

野菜だけでなく、肉や魚など、どんな食材を加えてもおいしくいただけるみそ汁。具だくさんなみそ汁なら、必要な栄養素も自然に摂取できて、心身ともに元気になれます。シーンごとに、おすすめのみそ汁を紹介。
※レシピは表記しているもの以外は2人分

料理研究家 濱田美里さん

教えてくれた人

料理研究家 濱田美里さん
 「一緒に料理して一緒に食べる」ことをテーマに、少人数での料理教室を神戸と東京で定期的に開催。

Monday / 6:30

きのこの納豆汁

材料
シメジ、エノキ……50g
ひきわり納豆……1パック
青ネギ……2本程度
ダシ汁……250cc
米みそ……大さじ1程度

レシピ

(1) シメジ、エノキは石づきを取って、食べやすい大きさに切る

(2) 鍋にダシ汁と(1) を入れて火にかけ、アクを取る

(3) 5分ほど煮て火が通ったら、ひきわり納豆を加え、みそをとく

(4) 小口切りにした青ネギを入れ、ひと煮立ちしたら完成

Tuesday / 19:30

サバ缶のミルクみそ汁

仕事でちょっぴり失敗した
でも それで悩むのはもう終わり
食べ応えのある一杯が
明日からの私を きっと支えてくれる

photo

材料
サバ水煮缶……1缶(170g程度)
玉ネギ……1/2個
ジャガイモ……1個
ニンジン……1/2本
バター……小さじ1強
水……100cc
牛乳……100cc
白みそ……大さじ1強

レシピ

(1) 玉ネギとジャガイモは角切り、ニンジンは乱切りに。ニンジンとジャガイモは水にさらしてザルにあげる

(2) 鍋にバターを熱し、玉ネギ、ニンジン、ジャガイモの順に入れて炒める。全体に油が回ったら、フタをして弱火で5分蒸らす

(3) 水とサバ缶(汁ごと)を入れ、沸騰したらアクを取る

(4) 10分ほど煮て、ジャガイモがやわらかくなったらいったん火を止めて、牛乳と白みそを加える

(5) みそがとけたら、ひと煮立ちさせて完成

Wednesday / 20:30

アサリと豚のエスニック風

仕事でいいことがあった日は
こんな時間だって
自分にご褒美をあげたい
そうだ とっておきのみそ汁を作ろう

photo

材料
アサリ……150g
豚バラスライス……3枚(60g)
玉ネギ……1/4個
シイタケ……2枚
プチトマト……4個~6個
香菜……2本程度
ショウガ……2枚(スライス)
酒……大さじ1
水……1カップ
油……小さじ2
米みそ……小さじ1程度
ラー油、コショウ……好みで

レシピ

(1) アサリは砂出しをしておく。

(2) 玉ネギはくし形、シイタケは薄切り、豚バラは2cm程度に切る。

(3) プチトマトはヘタを取って半分に切る。ショウガは千切り、香菜はざく切りにする

(4) 鍋に油とショウガを入れて火にかけ、香りが出てきたら豚バラを加えて炒める

(5) 玉ネギとシイタケを炒め、油が回ったら、酒と水を加えて5分煮る

(6) アサリを入れ、口が開いたらプチトマトを加える

(7) 味見をしながら少しずつみそをとき、ひと煮立ちしたら、香菜を散らす。好みでラー油やコショウを足してもOK

Friday / 23:55

なめこと落とし卵のみそ汁

ほろ酔い気分のまま
ベッドに飛び込むのもいいけれど
その前に手軽な一杯で
少しだけ おなかを満たしたい気分

Photo

材料 ※1人分
ナメコ……40g
ニラ……2本
卵……1個
ダシ汁……180cc
米みそ……小さじ1強

レシピ

(1) 鍋にダシ汁、ナメコを入れて中火にかける

(2) 沸騰したら2分~3分煮て、アクを取り、卵を落とし入れる

(3) 卵が固まってきたら火を止め、卵を割らないようにみそをとく

(4) 小口切りにしたニラを加えて、ひと煮立ちしたら完成

Saturday / 12:00

牛肉とごぼう、豆腐の赤だし

カレと自宅でランチ
私にとっては“デキる女”を演じて
いいところを見せたくなる
特別な瞬間なんです

photo

材料
牛肉のこま切れ……50g
ゴボウ……1/2本
木綿豆腐……1/3丁
酒……大さじ1
ダシ汁……250cc
ゴマ油……小さじ1
赤だしみそ……大さじ2程度
ミツバ……2本

レシピ

(1) ゴボウは太めのささがきにして水にさらし、ザルにあげる

(2) 鍋にゴマ油を熱し、牛肉を炒め、ゴボウを入れる

(3) ゴボウが透き通ってきたら、酒とダシ汁を加えて沸騰させる

(4) アクを取り、みそを溶かしてから7分~10分煮る

(5) 豆腐を崩し入れ、ひと煮立ちしたら、ざく切りにしたミツバを加えて完成

Sunday / 11:00

中華風豆腐汁

朝ご飯と呼ぶには遅すぎて
昼ご飯と呼ぶにはちょっと早い
そんなステキな休日は
少し刺激的な一杯から始まる

Photo

材料
合いびき肉……50g
絹ごし豆腐……1/2丁
チンゲン菜……1株(小サイズ)
長ネギ……1/2本
ショウガ……1かけ
ニンニク……1かけ(小サイズ)
ゴマ油……小さじ1と1/2
ダシ汁……250cc
米みそ……大さじ1と1/2
ラー油、コショウ……好みで

レシピ

(1) ショウガ、ニンニク、長ネギをみじん切りにする

(2) 鍋にごま油を熱し、合いびき肉を炒める。さらに(1) を加え、香りが出るまで炒める

(3) チンゲン菜を1/3ほどの大きさに切り、鍋に加えてサッと炒めて、ダシ汁を入れる

(4) 沸騰してから1分~2分煮て、アクを取る

(5) みそを溶かし、豆腐を切って入れる

(6) ひと煮立ちしたら完成。好みでラー油やコショウを加えて

好きなものを自由に
温かいみそ汁に詰め込むと
不思議と心も温かくなっていく
だから 多分 きっと
明日からまたがんばれる
そんな気がする

だし汁の作り方

 みそ汁を作る際の基本となるのが“だし汁”。忙しいときは顆粒のだしを使うのもOKですが、たまには本格的に作りたいもの。そこで、濱田先生にだし汁の作り方もレクチャーしてもらいました。

材料
だし昆布……20g
かつお節……20g
水……1リットル

レシピ

(1) だし昆布を30分以上水につけたあと、火にかけて、沸騰直前で鍋から取り出す
※最初は強火で、60度あたりになったら少しずつ火を弱めていき、鍋の中がグラグラしない程度にする

(2) 火を止め、水(1/2カップ)を注いでさました後、かつお節を入れる

(3) かつお節が鍋底に沈んだら、もう一度火をつける

(4) 温度が上がり、鍋の中がグラグラとしてきたら、布巾を敷いたザルなどにかつお節をこして完成

シティ読者限定
2月17日(日)みそ汁&みそ玉の料理教室を開催!

 シティリビング読者限定の料理教室を開催! 今回紹介したみそ汁レシピを考案してくれた濱田美里さんが、みそ汁&みそ玉の作り方をレクチャーしてくれます。もちろん、試食もあり。
 会場は、大阪ガス ハグミュージアム。“食と住まいの情報発信拠点”とし、ガス機器の展示・実演のほかに、キッチンスタジオや住空間展示を行っています。
 同会場で、“おいしい”みそ汁作りにチャレンジしよう。

◆日時 2019年2月17日(日)11:30~13:30(大阪ガスのPRタイムを含め、2時間を予定)
◆会場 大阪ガス ハグミュージアム http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/hugmuseum/
(大阪市西区千代崎3丁目南2-59)

◆メニュー みそ汁、みそ玉ほか1品(ご飯付き)
◆募集人数 24人
◆参加費 2500円(事前入金制)
◆問い合わせ先 サンケイリビング新聞社編集チーム TEL 06-6647-2109

※応募多数の場合は抽選。当選者にのみ12月17日(月)までにメールで連絡します
※応募者の個人情報は同イベント当選の連絡にのみ使用します
※メニュー原材料にアレルギー物質を含みます

応募はコチラ

2018年12月11日(火)23:59締め切り

応募は終了いたしました


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 1月18日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ