ホテル、レストランなどのスターシェフに学ぶ 上質料理教室


スターシェフに学ぶ 上質料理教室

photo

 最近、人気シェフが講師を務める、“上質感”たっぷりな料理教室が増えています。シェフのワザを、じかに手ほどきを受けながら身に付ける─。休日や有給休暇は、そんなスペシャルな時間を過ごしてみませんか。
※シティリビングは、有休を上手に取って働く女子を応援しています。

仕事上手は休み上手 有給上手

★

今なぜ、シェフの
料理教室が人気なの?

 「“新しい切り口の料理教室を”と、始めました。教科書通りではない、シェフの経験を生かしたレシピが特徴です。ときには門外不出のマル秘テクを伝授してくれることも。お店の味をその場で作れると、料理経験豊富な方から初心者まで、幅広い層に好評です」(グルメスタジオ フーバー マネジャー 近藤大修さん)

★

ホテルで料理教室をする
理由とは?

 「宿泊、食事をするだけではなく、さらなる“体験”をホテルで楽しんでもらいたいと、店舗リニューアルのタイミングで今年7月からスタート。高級料亭の料理教室というとハードルが高く感じられますが、外国人や家族連れといった幅広い利用客が訪れるホテル内なら、気軽に足を向けやすいのでは」(ウェスティンホテル大阪企画広報課 係長 石川浩代さん)

★

デモンストレーションだけで
本当に上達するの?

 「料理を作らないことが、逆に好評なのかも」とは、ウェスティンホテル大阪の石川さん。料理技術に自信がない人は、他の人がいる前で作ることに抵抗を感じることも多いのだとか。また、目の前で料理人が作ったものを食べるスタイルだからこそ、「料理本や自分で作る料理教室とは違い、“正解の味”を知ることができるのも魅力です」とも話します。

見て、体験して、食べて
シェフの自慢のレシピに触れる

 キッチンスタジオ、ホテル、レストラン、それぞれで展開するシェフの料理教室を、シティ読者編集部員&読者モデルが体験。その魅力をレポートします。

真横でシェフが技をレクチャー めったにない機会にドキドキ

★

グルメスタジオ フーバー
Gourmet Studio FOOVER

 昨年11月にオープンした「グルメスタジオ フーバー」は、講師陣に、多彩なジャンルのシェフが揃うのが特徴。シェフの個性が光るレッスンにリピーターも多く、すでに80回ほど受講している人もいるそう。どこに惹かれるの? 読者編集部員の片桐さんが、人気イタリアンのシェフのレッスンに参加しました。

Chef 北村仁さん/アッラゴッチャ オーナーシェフ

 “ここさえ押さえればブレない”という料理の核をしっかりと伝え、そこからアレンジを広げられるよう意識。例えば“骨付きの鶏もも肉がさばけるようになった”など、身に付くレッスンを心掛けています。

Photo

パスタの乳化のテクニックを披露する北村さん(写真右)と、その手元にクギ付けの片桐さん(同左)

Photo

この日作ったのは、無発酵のパン・ピアディーナと、ミートソースを使ったボロネーゼパスタ&ライスコロッケ、鶏もも肉とキノコの白ワイン煮込みの4品

Photo

“炒め”1つをとっても、野菜の水分を飛ばしたいときには低温からじっくり、水分をキープしたいときには高温で一気に。工程ごとにその理由を丁寧に解説してくれる北村さん

Photo

フーバーはベルメゾンライフスタイリング堀江に併設

Photo

レッスンで使用した調味料は、一部購入可能

参加して

シェフが真横で教えてくれるなんて、めったにない機会。緊張でドキドキ! お店で実践しているひと工夫や、イタリア料理の基本の知識が学べて、とてもためになりました。(片桐千桂浦さん、25歳・商社)

Data

 講師には、羽山料理店、(食)ましか、とよなか桜会、酒中花 空心などの、名店シェフがズラリ。1レッスン=8100円~。予約はWebで。
大阪市西区南堀江1-20-1、日通南堀江ビル2階
http://foover.jp

読者限定特典

初回限定 レッスン料が1000円オフに

レッスン当日の受付時に「シティリビングを見て」と伝えると、レッスン料が1000円オフに。
※Webで申し込み、レッスン当日に受付で伝えてください。
※初回受講者のみ利用可。ほかの割引・特典との併用不可。
※2018年11月30日(金)のレッスンまで。

淡味のコツを学びながら美しいメニューに舌鼓

★

ウェスティンホテル大阪
日本料理 はなの
Nihonryori Hanano

 リニューアルで新しく導入された割烹カウンターを利用し、シェフのデモンストレーションによる料理講座を月1回ペースで開催。一品一品、調理の技を教えてもらいながら、美しい器に盛り付けられたメニューをいただく─。そんなぜいたくな時間を、読者編集部員の松本さんが体験!

Chef 弓木野賢二さん

 おいしいダシと最小限の調味料のみを使い、食材の味を生かす“淡味(あわみ)”を基本としています。お酒などを飲みながらでもOK。講座をめいっぱい楽しんでもらいたいですね。

Photo

和包丁でシャキーンとポーズをとるなど、おちゃめな一面も魅力のシェフ・弓木野さん(写真奥中央)。講座では、ダシと調味料の割合や、食材の切り方などを丁寧にアドバイスしてくれます

Photo

この日のメニューは、ウニを添えた近江牛のキノコ鍋、塩系(栗)・しょうゆ系(マツタケ)の2種の炊き込みご飯、アワビとマツタケの酒蒸しなど。「通常のランチにはない特別メニューになっています」と弓木野さん

Photo

目の前で見る和の盛り付けの美しさはため息モノ

Photo

楽しいトークに笑顔をみせる松本さん(写真右から2人目)

参加して

何より料理長が気さくで話しやすい方だったのが◎。気軽に分からないことも質問できました。豪華なメニューを満喫した上に、帰りにはダシのお土産つきで大満足です。(松本理沙さん、25歳・化学)

Data

 10月17日(水)・18日(木)=「旬を愉しむ冬の根野菜」▽11月14日(水)・15日(木)=「ホームパーティーにぴったりな和のおもてなし料理」▽12月19日(水)・20日(木)=「ひと味違うごちそう鍋料理」。各11:30~14:30。1レッスン=7000円(サ込み)。予約はTEL 050-3188-0312で。
大阪市北区大淀中1-1-20

身近な食材で作る本格“絶品”中国料理

★

大阪聘珍樓
Osaka Heichinro

 フカヒレや干しアワビなどを使ったぜいたくなメニューが印象的な中国料理店「大阪聘珍樓」ですが、実は、“食と健康”をモットーにしているのだとか。同店で行う料理教室のテーマは、豪華食材を使わなくてもできる、油を抑えた“ヘルシーな中国料理”。今回、読者モデル・キラリガールの神尾さんが体験しました。

Chef 安井良孝さん

 お店の味を家庭で再現できるところが魅力の一つですね。「中国料理はハードルが高い」と思われがちですが気軽に作ってもらえるように、代替の材料を提案したり、あえてチューブタイプの調味料を使用したりしています。

Photo

この日のメニューは2品。シェフのデモンストレーション後に、参加者が調理を体験します。シェフとの距離が近いので、気軽に質問ができ、アットホームな雰囲気

Photo

1品目の「海老のチリソース」は、シェフが工程を丁寧に見せながら解説。「エビをホタテに代えても、このチリソースと合います」とアレンジのレクチャーも

Photo

2品目は「アスパラと香菜入り尾付き海老焼売」。包み方のコツを教わりながら、チャレンジする神尾さん

参加して

身近な食材で作れて、シェフの調理を間近で見られ、とても分かりやすかったです。今度、家族や友人に振る舞いたいな!(神尾里英子さん、30歳・教育)

Data

 10月16日(火)【1】12:00~、【2】18:00~「薬膳セミナー」、各セミナー=1万2000円(サ・料理代込み)▽11月28日(水)「料理教室」、レッスン=5000円(サ別)。予約はTEL 06-6345-5022で。
大阪市北区梅田1-8-16、ヒルトンプラザイースト7階


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ