“ひがし北海道”の壮麗な自然の中で感動体験を


PR/ひがし北海道自然美への道DMO

シティ読者10人に「赤いサイロ」をプレゼント! 記事の最後を見てね

【関空・釧路間にPeachが就航】“ひがし北海道”へのアクセスが便利に 壮麗な自然の中で感動の体験を

photo

 圧倒的なスケールの自然を体感できる、“ひがし北海道”。今年8月、関空・釧路を結ぶ路線にPeachが就航。日本とは思えないほどの風景に出合えるエリアに、気軽に旅に行けるように。この冬、思いきって出かけませんか。

冬が生み出す“今”だけの景色を見に訪れて

 知床や釧路、網走など多くの魅力的なスポットがある、“ひがし北海道”。美しい流氷や躍動する野生動物など、日常とはかけ離れた神秘的な風景に出合うことができます。

 今年8月、ひがし北海道への玄関口となる空港のひとつ、たんちょう釧路空港と関西国際空港を結ぶ路線にPeachが就航。LCCによる道東への初の定期便で、関西からアクセスしやすくなりました。

 1月~3月は、ひがし北海道の自然美に浸れるベストシーズン。冬は、空港から観光地を巡るバスのルートも充実しています。「いつか訪れたい」と思っていた人はチャンス。厳しい寒さが生み出す景色が、大きな感動を与えてくれるはず。人生観が変わるような、圧倒的なスケールの大自然を体感しませんか。

冬に訪れるならココ

photo

写真:岸本日出雄

宝石のようにきらめく氷塊

十勝川河口のジュエリーアイス
見ごろは1月~2月下旬

 釧路と帯広の間に位置する豊頃(とよころ)町の大津海岸で、冬にだけ見られる“ジュエリーアイス”。海に流れ出した十勝川の氷が、波で丸く洗われて再び浜に打ち上げられ、日差しを浴びると宝石のように輝きます。朝と昼で異なる景色にも注目。

JR釧路駅からひがし北海道観光バスで約90分/ココロコテラスTEL.015-578-7202

photo

湖が白い氷のお花畑に

阿寒湖のフロストフラワー
見ごろは1月~3月上旬

 氷が張った阿寒湖の上に現れる氷の結晶が、白いお花畑のように見える幻想的な景色を創り出します。風のない良く晴れた日の翌朝、マイナス15℃以下に冷え込むと、出現する可能性が高いそう。ガイドツアーもあり。

ひがし北海道エクスプレスバス阿寒湖温泉停下車/阿寒観光協会まちづくり推進機構TEL.0154-67-32002

photo

流氷の上を歩いてみよう

知床流氷ウォーク
開催は2月~3月中旬

 専用のドライスーツを着用して、流氷が押し寄せるオホーツク海へ。流れる氷の上に寝転がったり、大きな氷に登ったり、海に飛び込んだり―。壮大な自然を肌で感じて。1時間30分・5100円・身長130cm以上・要予約。

ひがし北海道エクスプレスバスウトロ温泉停下車/シンラTEL.0152-22-5522

photo

360度見渡す限りの氷の地平線

野付半島の氷平線
見ごろは1月~3月中旬

 日本最大の砂の半島「野付半島」。冬になるとその内側の海が凍り、氷の地平線“氷平線”が現れます。結氷した野付湾の上を歩く「氷平線ウォーク」では、360度パノラマの氷の景色が楽しめます。

ひがし北海道エクスプレスバス野付半島停下車/別海町観光協会TEL.0153-75-2111

ひがし北海道のエリアへは
バスでラクラク!

☑ひがし北海道エクスプレスバス

(オレンジの線は運行ゾーン)

層雲峡、紋別、網走、知床、摩周湖、阿寒湖などの観光地を結びます。2019年1月26日(土)~3月10日(日)に運行。

☑まりもエクスプレス

(緑の線は運行ゾーン)

阿寒の指定ホテルに宿泊する人が利用できる、阿寒湖、北見などの観光地を結ぶバス。2019年3月31日(日)まで運行。

☑ひがし北海道観光バス(計画中)

(紫の点線は運行予定ゾーン)

たんちょう釧路空港から阿寒湖や十勝川河口などの観光地へダイレクトに。2019年1月中旬から運行開始予定。

バスルート地図

最新のバス運行情報をチェック

※バスの運行は、時季によりルートが異なり、期間・本数が限られます。予約制なので、事前にWebなどで確認を

旅計画の参考に

 釧路からひがし北海道を巡る場合の目安となるおすすめスポットを紹介。2泊以上なら、少し北へ足を延ばして、北見・網走・知床まで行くことも可能です。

釧路・阿寒へは1泊~2泊

 1泊~2泊なら、釧路・阿寒エリアに絞って大自然とまち歩きを楽しんで。釧路湿原での早朝カヌーや白銀の阿寒湖で早朝散歩、阿寒リバーウォークなどでアクティブに。釧路では美しい夕日や炉端焼き(写真はイメージ)なども楽しめます。

photo

北見・網走・知床は、2泊以上が目安

 「流氷を見たい!」という人は、2泊以上の計画を立てて。知床流氷ウォークのほか、氷も押し割る網走の流氷砕氷船「おーろら」(写真)や、オホーツク海沿岸を走る観光列車「流氷物語号」などに乗って、流氷を間近で見ることができます。

photo

Peach就航

大阪(関西)⇔釧路 片道5290円~

 関西国際空港とたんちょう釧路空港を結ぶPeachは1日1往復の運航。運賃は片道5290円~3万1590円。詳しくはWebをチェックして。

●フライトスケジュール

2018年10月27日(土)まで

大阪(関西)⇒ 釧路
MM125 9:50発 11:50着
釧路 ⇒ 大阪(関西)
MM126 12:30発 15:00着

2018年10月28日(日)~2019年3月30日(土)

大阪(関西)⇒ 釧路
MM125 10:00発 11:55着
釧路 ⇒ 大阪(関西)
MM126 12:35発 15:15着

photo

©2018 Peach Aviation Limited

Present

シティ読者10人に
「赤いサイロ」をプレゼント

photo

 ひがし北海道に関するWebアンケートに回答してくれた人に、北海道・北見市の銘菓「赤いサイロ」5個入りセットを抽選で10人にプレゼント! 下記ボタンを押して、応募してね。

応募はコチラ

2018年10月16日(火)23:59締め切り

応募は終了しました

【問い合わせ】
ひがし北海道自然美への道DMO

TEL.0154-67-3200(阿寒観光協会まちづくり推進機構内)
http://eastern-time.jp

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ