女性ホルモンを味方に

にしやま由美
皮フ科クリニック
皮フ科医
西山由美さん

 疲れがなかなか取れない、肌の吹き出物が気になる、ぐっすりと眠れない。女性ホルモンの影響で起こるさまざまな不調。毎日の食生活を見直して不調の改善を目指す方法を、「にしやま由美皮フ科クリニック」の院長で医師の西山由美さんに聞きました。

月経前症候群(PMS)の改善は、
規則正しい食生活を実践することが基本

 朝食は忙しいから抜くことが多い、ランチは手軽な加工食品で済ませてしまう。毎日の食生活を見直して、思い当たることはありませんか? 女性ホルモンの影響で起こる、生理前のイライラ、頭痛、肌の不調などは、偏った食生活を見直すことで改善に取り組んでほしいと話す西山さん。「基本は規則正しい食生活。3食をきちんと“摂る”ようにしてください。毎日同じ時間帯に食事を“摂る”ことも大切です」
 選ぶ食材にもポイントがあるそう。「女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た構造を持ち、“植物性エストロゲン”といわれている大豆製品、細胞膜の酸化を防ぐことで女性ホルモンの分泌を整えるビタミンE、女性ホルモンの代謝に必要なビタミンB6を毎日の食事に取り入れてみては」
 さらに、エストロゲンの分泌を促す成分が豊富に含まれているナッツ類、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれるゴマなども西山さんのおすすめの食材。
 「気を付けたいことは、一つの食材に偏るのではなく、女性ホルモンの働きに関わる食材をバランス良く“摂る”ことです。日ごろ自分の体に不足している食材が何か見直してみて。『普段あまり食べない食材は何だろう?』という疑問を持つことが大切です。
 時代とともに働く環境が変化しても、人が本来持っている体内環境は変わりません。手軽だからという理由で加工食品ばかりを“摂り”、“女性ホルモンのケア=自分の体”のケアを怠っていないか、振り返ってください」

豆腐、納豆、豆乳、
きな粉、みそ、ザクロ
など

うなぎ、アーモンド、
モロヘイヤ、カボチャ、
アボカド など

マグロやカツオを
はじめとする魚介類、
バナナ など

他には…
「エストロゲンの分泌を促す成分が含まれるナッツ類、キャベツ、リンゴ、レーズン、ワカメ、ひじき、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれるゴマ、小麦、えんどう豆なども意識して“摂る”ようにしてください」(西山さん)

①もずく酢
女性ホルモンを作り出すのに必要なビタミンやミネラルを海藻で摂取

②アボカド
ビタミン(E、C)が豊富

③モロヘイヤの
 ゴマあえ

ゴマを手軽に取るならゴマあえで

④冷ややっこ
大豆イソフラボンを積極的に取ろう

⑤マグロのカルパッチョ
ビタミンB6が含まれる魚介をカルパッチョで食べやすく

⑥うなぎ
⑦カボチャの煮付け

動物性と植物性のビタミンAを一緒に取って相乗効果を期待

デザートは
⑧バナナ
ビタミンB6補給

食事で補えない栄養素は、サプリメントで“摂る”のも良いです。鉄、アミノ酸、ビタミンB群は積極的に補うようにしましょう(西山さん)。

取材協力/にしやま由美皮フ科クリニック Tel.052-219-5252

≪前の記事へ
オフィスで取り入れるならハーブティー

backnumber