税タク三昧 今月のテーマ「特定支出控除」


Sponsored by 名古屋総合税理士法人

今月のテーマ「特定支出控除」

OLやサラリーマンでも
税金を安くする方法があります。

 OL・サラリーマンにとって、所得税は自動的に計算されるもの。ただ、「何とか税金を安くできればなぁ」と思う方もいることでしょう。でもそんな方法が…あります。それは、特定支出控除と呼ばれる特例を使う方法です。
 具体的には、会社支給の通勤費を上回る通勤費負担分や転勤費用、単身赴任をしている人の家族のいる自宅との往復交通費、仕事に直結する研修費や資格取得費などが、一定額を超える場合に、必要経費にすることが認められます。
 この一定額とは、例えば、年収400万円のサラリーマンの場合67万円、年収500万円の場合だと77万円となります。さらに、書籍代や作業服代、会社から経費として認められなかった仕事上の交際費等も65万円までなら、先ほどの資格取得費などに合算して必要経費にすることができます。
 例えば、年収500万円のサラリーマンが税理士の資格取得費50万円を支払い、会社からはもらえなかった得意先接待の飲食代を年間70万円負担した場合、38万円(50万+上限65万-77万円)が必要経費として追加できます。なので、確定申告をすれば所得税が約3万円還付され、さらに市県民税も約4万円安くすることができます。
 実際に確定申告する際は、領収書のほかに、会社に証明書などを書いてもらわなければいけないなど、手間もかかりますが、何とか税金を安くしたいと思っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

資格取得を検討している人や単身赴任世帯は、
税金を節約できるかも。一度チェックしてみよう!

細江貴之さん
名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋が大好きな税理士。名古屋有数の不動産オーナー顧問数、相続相談数を誇る、名古屋総合税理士法人の代表を務める。

名古屋総合税理士法人 TEL.0120-680-200
http://hosoe-tax.com/


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ