感動が蘇る!タカシマヤで「美しき氷上の妖精 浅田真央展」はじまる


カナダのトップスケーター、パトリック・チャン選手の現役引退、トリノ冬季五輪金メダリストの荒川静香さんが日本人3人目となる世界殿堂入りを果たすなど、フィギュア関連ニュースが立て続けに舞い込んだ今週。名古屋では「美しき氷上の妖精 浅田真央展」が18日(水)からジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場で開幕しました。入場無料、4月30日(月・振休)までの開催です。

感動が蘇る!真央さんのスケート競技人生を衣装や映像で振り返る展覧会

★★IMG_2279(=写真上)4月18日(水)ジェイアール名古屋タカシマヤで

開幕前の早朝、プレス内覧会に登場した浅田真央さんは、「私がこれまで着用した衣装やスケート靴などを展示し、(選手時代の)すべてが詰まった展覧会。地元名古屋で開催となりうれしい。友だちもみんな行くよ!と言ってくれている」と話しました。

「昨年4月に現役引退を発表し、そこから悩みながら過ごしてきた。(昨年)夏のアイスショーを終えてからは少しスケートをお休みした時期もありました。今は(今年)5月から始まる浅田真央サンクスツアーを無事に滑り切ることを目標に、みんなと息を合わせて、心を込めて練習しています」と笑顔で現状を語った浅田さん。

 

★★IMG_2413「デパ地下が大好き。タカシマヤでもよくお惣菜を買ったりします」と話した浅田さん

「美しき氷上の妖精 浅田真央展」では、浅田さん自身がセレクトした映像や衣装を余すことなく展示。なかには、バンクーバー冬季五輪で獲得した実物の銀メダルの披露も。また、プライベート写真を紹介するコーナーもあり、人となりにも触れられる温かな展覧会となっています。

 

★★IMG_2270キム・ヨナ選手とともに感動的な滑りが記憶に残るバンクーバー冬季五輪時のフリースケーティングの衣装

会場では限定グッズの販売も行われ、そのなかにはおむすびも!「選手時代からここぞ!というときはお米を食べていました」と米ツウであることを告白。「味噌も大好き。白いごはんに甘辛い味噌をかけて食べるのが好きなので、全国の皆さんにも知ってもらいたい」という名古屋出身の浅田さんならではの想いが込められたのが『まおむすび 愛知県産豚の味噌かつ Mスペシャル』。「味噌がたっぷり!味噌かつも大きくておいしい!」とこぼれんばかりの笑顔で試食。同商品は、名古屋会場限定で期間中販売されます。

 

★★IMG_2566『まおむすび 愛知県産豚の味噌かつ Mスペシャル』(540円)を試食

 

▼以下、展覧会の様子を写真で紹介。

★★IMG_2272

衣装を通して年代別にスケート人生を振り返れる展覧会。見ていると感動が蘇ります。

 

★★IMG_2268

2013-2014シーズンのフリースケーティングで着用。ソチ冬季五輪での“伝説のフリー”は、この衣装とともに!曲はラフマニノフのピアノコンチェルト2番。

 

★★IMG_2266

同じく、2013-2014シーズンのショートプログラム、ノクターンの衣装。

 

★★IMG_2606

愛用のスケート靴も展示されていました。滑り込んだ跡が過酷な練習を想像させます。

★★IMG_2597

バンクーバー冬季五輪で獲得した銀メダル。大きくて、分厚かったです!

 

★★IMG_2603

会場内には、同じポーズをして写真が撮れるフォトスポットもあります。

 

★★IMG_2589

こちらが会場で販売されている「まおむすび」。名古屋限定味は「愛知県産豚の味噌かつ Mスペシャル」(540円)、「愛知県産豚の味噌かつむすび」(270円)の2種類。※まおむすびは全7種類あり

 

『Smile Forever』Blu-ray&DVD発売記念
「美しき氷上の妖精 浅田真央展」(入場無料)
期間 4月18日(水)~30日(月・振休)※最終日は午後6時閉場
場所 ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ