新感覚ピアノデュオ「鍵盤男子」にインタビュー


新感覚ピアノデュオ「鍵盤男子」にインタビュー

ピアニストである大井健(写真右)さんと、作曲家の中村匡宏さん(写真左)の2人からなる、今大注目のピアノデュオ・鍵盤男子。昨年11月にメジャーデビューを果たし、デビューアルバム「The future of piano」を引っさげての全国ツアーが今年1月からスタート。3月2日(金)は、いよいよ名古屋公演です! 「金曜日で開演時間は19時からなので、仕事終わりのうきうきした気持ちのまま足を運んでもらえたら」と大井さん。鍵盤男子の魅力について、たっぷり聞いてきました。

 

 

音のシャワーを浴びに来て

「初めて聞いたら、音数の多さにきっと驚くと思います。オーケストラよりも多いので、まるで音のシャワーを浴びたような感覚に。4手20指で繰り広げる僕たちの音楽は、耳で聞くだけではなく、体全体で聞く音楽。コンサートでは、指の動きも見てほしいと思い、舞台上に手元が映るモニターも設置しました」と大井さん。超絶技巧を駆使した高速連弾や、曲中で立ち位置を入れ替えての息ピッタリの二人の演奏は、今までのクラシックコンサートのイメージを覆すような、エンターテインメント性にあふれています。

 

クラシックコンサートでタオルを振り回す!?

セットリストにもこだわりがある、と中村さん。名古屋はどんなイメージで選んだのでしょうか? 「セットリストは、その都市に合わせて変えています。名古屋のお客さんは、演奏中はとても静かで大人しい。でも、終わった後にはテンション高く、褒めてくださることが多くて、感情を内に秘めているイメージがあります。今回のツアーでは、名古屋のお客さんが最初から思い切り楽しめるように、仕事で疲れた心に染みる癒やし系からストレス発散できるような激しい曲、そしてクラシックと盛りだくさん。さまざまな楽しみ方ができますよ。タオルを振り回す曲だってありますから(笑)」

 

演奏者と作曲家の化学反応が観客との距離をぐっと縮めて、会場に一体感をもたらす鍵盤男子のコンサートツアー名古屋公演は3月2日(金)。仕事終わり、新感覚のピアノコンサートで癒やされてみては。

 

鍵盤男子コンサートツアー2018 The future of piano in NAGOYA

【日時】3月2日(金)18:30開場/19:00開演

【場所】名古屋市青少年文化センター アートピアホール

【問い合わせ】キョードー東海 ℡052-972-7466

鍵盤男子 オフィシャルサイト

 


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 9月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ