映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』出演の佐野岳、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎らを名古屋で直撃!


(c)2019 PROJECT SBD-NEO

現在公開中の映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』は、男子の青春ミステリー映画!? 11月29日(金)からイオンシネマで公開される同作は、次世代を担うイケメン・実力派若手俳優が大集結! 11月某日、TOHOシネマズ名古屋ベイシティに集結した出演者と監督を直撃しました。

映画「超・少年探偵団NEO -Beginning-」とは?
 江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを現代に置き換えて映画化した学園ミステリー。小林少年のひ孫、明智小五郎のひ孫らの高校生が、怪人二十面相と対決します。映画『十二人の死にたい子どもたち』の高杉真宙が主演。共演にドラマ「陸王」「仮面同窓会」の佐野岳、ドラマ「暗殺教室」「詐欺の子」の長村航希、映画『ソロモンの偽証』の板垣瑞生、映画『奇跡』の前田旺志郎ら。

まるで同窓会みたいだった舞台挨拶

約2年前に撮影されたという『超・少年探偵団NEO -Beginning-』。舞台挨拶のため名古屋に集結したのは、監督の芦塚慎太郎さん、キャストの佐野岳さん、長村航希さん、板垣瑞生さん、前田旺志郎さん。

(=写真上)舞台挨拶の様子。常に笑顔が絶えない時間に

舞台挨拶は、まさに和気あいあい!一人が話せば、誰かが乗っかりボケ倒して(笑)といった調子で、一緒に集まるだけで楽しそう。さらに、一宮市出身の佐野岳さんのご家族が会場に来ていると知り、佐野家を題材にしたコントまで披露!観客を笑いの渦に引き込みました。

「撮影中は、青春映画を撮ってるみたいで楽しかった!」と声を揃えた4人。そんな彼らを舞台裏でインタビュー。また、芦塚監督には4人の俳優としての魅力を聞いてみました。

(=写真上)舞台裏にて。左手前から時計周りに板垣瑞生さん、佐野岳さん、前田旺志郎さん、長村航希さん、監督の芦塚慎太郎さん

「佐野くんは身体能力が高いアクション俳優」

主人公・芳狼(高杉真宙)の親友ワタリを演じた佐野さん(=写真上)は、「芳狼とバディ的な要素があって、常に芳狼のことを見守るお兄ちゃん的存在」と役柄を説明。すると、芦塚監督が「佐野くんは、現場でも兄貴っぽい感じでみんなをまとめていた」とコメント。
「役の印象と彼の実際の印象が似ているんです。あと、身体能力がものすごく高くて、今の日本映画界で、こんなにアクションができる20代の俳優さんはいないんじゃないかな」と推察。佐野さんも「うれしい!」と笑顔に。突然バク転をしてみてと言われてもすぐ対応し、アクションのアイデアを自ら提案もしていたという佐野さん。映画に対する意気込みが感じられます。

「まさにカメレオン俳優の長村くん」

一方、芦塚監督から“カメレオン俳優”と紹介されたのが、NHK名古屋放送局制作ドラマ「詐欺の子」の演技が素晴らしかった長村さん(=写真上)。テンション高めのミステリー同好会の部長を演じています。
「この前共演者に朝会って挨拶したら、素通りされちゃって…。冗談かと思って待ってたんですけど、遠くまで行っちゃった(笑)」というエピソードを披露した長村さん。監督曰く「ぱっと見普通なので分からなかったのかもしれないですけど、役に入ると“本当に同じ人?”というくらいガラっと変わる。一番ギャップのある俳優です」

と、ここまで芦塚監督が俳優を褒めることが続き、緊張の様子の板垣瑞生さん(=写真下)。

「板垣くんは、見た目かっこよくて、クールっぽい印象を受けるんですけど、全然クールじゃない。ずっとふざけてる」と監督が語り始めると焦ったような板垣さん。けれど「本作で板垣くんが演じた正太郎という役は、ふざけているかふざけていないか分からないという役どころ。板垣くんそのままの人柄が役に反映されて、まさにハマり役です!」と続き、ほっとひと安心した様子。
「これまでは、国を救うとか、同級生死んじゃうとか、シリアスな役が多くて、こういう役はやったことがなかった。本作で“あ、ふざけていいんだ!”って自分を解放したような感じ。自信をもらいましたし、本当に楽しかった」と板垣さん。

また、是枝監督の映画「奇跡」を見て、こんなに芝居ができる子どもがいることに驚いたと芦塚監督が語ったのは、ミステリー同好会の部員を演じた前田旺志郎さん(=写真上)。
「引き出しがすごく多い俳優。長村くんと板垣くんがふざけるという役どころのなか、二人が突然変なことをやっても瞬時に拾って、おいしい芝居につなげる技術は素晴らしいですね」と絶賛。前田さんは「撮影現場では、ボケ倒す人がいっぱいいて、ずっと突っ込んでいました。ボケ倒す人Aが板垣くん、Bが長村くんです!」。インタビュー中もボケ倒す二人にノリ突っ込みを入れる様子が何度も見られ、仲の良さが伝わってきました。

佐野岳さん、長村航希さんは地元凱旋!

一宮市出身の佐野岳さん、名古屋市出身の長村航希さんは、地元での舞台挨拶(=写真上)。

佐野さんは「地元に出演作を持って戻って来られるのは、最高ですね。実は舞台挨拶の会場となったTOHOシネマズ名古屋ベイシティの隣にある荒子川公園にも遊びに行ったことがあります。名古屋で舞台挨拶をすると、毎回家族が来てくれるのも嬉しいです。みなさんも、この映画を家族で、友人で見ていただければと思います!」

『超・少年探偵団NEO -Beginning-』は、11月29日(金)からイオンシネマ系列で公開です。
公式サイトhttps://sbd-neo.com/

 

 


─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ