ワタシの旅リスト「瀬戸内海の島の温かさに触れる」


 

香川県小豆島エリア
「瀬戸内海の島の温かさに触れる」

岡山駅からバスと船を乗り継いで約2時間。小さい豆の島と書く小豆島は、瀬戸内海で2番目の大きさ。島での移動は車が便利で、体力に自信がある人はアップダウンを楽しめるサイクリングもおすすめです。
穏やかな海と空が広がり、オリーブや手延べそうめん、しょうゆ、佃煮、魚介など、食が充実。オリーブオイルを使った体験や海のアクティブティーで現地の人たちと触れ合うと島の文化がより分かるはず。
島を舞台にさまざまな映画が撮影されているので、ロケ地やアートスポットを巡って、のんびりした時間が流れる旅を楽しんでみては。

 

●フォトジェニックなスポットが魅力

約2000本のオリーブと130種類のハーブが丘に広がります。映画“魔女の宅急便”の撮影セットが雑貨屋として設置しています。
道の駅 小豆島オリーブ公園
℡0879-82-2200、小豆郡小豆島町西村甲1941-1、売店8:30~17:00、年中無休

 

●島そうめんの技を体験

天日干しをしてつくる手延べそうめんは、400年続く伝統。麺を引き延ばす「箸分け体験」ができます。予約が必要なので観光協会のホームページで確認を。
小豆島観光協会

 

●天使の散歩道に願いを

潮の満ち引きによって現れる砂の道を、大切な人と手をつないで歩くと願いが叶うとか。干潮時間のチェックを忘れずに。
エンジェルロード
照度軍土庄街銀波浦

 

●ふんわりとしょうゆが香る街

しょうゆの菌で真っ黒になった屋根や塀が特徴、しょうゆや佃煮の工場が並びます。しょうゆのソフトクリームやプリンをぜひ。
醤(ひしお)の郷
小豆郡小豆島町馬木甲

 

●海を眺めながらオリーブ料理を

オリーブ柑橘農家直営のレストラン。自家製オリーブオイルと瀬戸内産の魚介など、地元食材をふんだんに使った料理を楽しんで。

井上誠耕園 レストラン忠左衛門

℡0879-75-1188、小豆郡小豆島町蒲生甲61-4

日~水曜11:00 ~ 16:00(L.O.15:00)、木~土曜11:00 ~ 21:30(L.O.20:30)

 

●散策しながらアートを楽しむ
 

3年に1度、瀬戸内海の島々を舞台に開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」。島の至るところで、アートに出会えます。

瀬戸内国際芸術祭2019

開催日/あつまる夏:7/19(金)~ 8/25(日)、ひろがる秋:9/28(土)~ 11/4(振休・月)
作家・作品名:チェ・ジョンファ(崔正化)「太陽の贈り物」、Photo:Yasushi Ichikawa

 

シティ読者 ワタシのおすすめ!

「道の駅 小豆島オリーブ公園」
「オリーブの木々が美しい島。キキになりきり、ほうきで空へ飛び立てたら」間瀬愛さん(管理栄養士)


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 1月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ