和風あんかけオムライス


自宅で10分ふたりごはん【和風あんかけオムライス】

和風あんかけオムライス

和風あんかけオムライス

 アツアツのあんかけをかけた冬仕様のオムライス。卵はよく熱したフライパンに流し込み、取っ手をリズミカルに叩きながらまとめると、ふわふわのオムレツに仕上がります。

材料(2人分)

  • サラダ油・・・・・・・・適量
  • キノコ・・・・・・・・・・160g
  • ご飯・・・・・・・・・・・400g
  • 明太子・・・・・・・・・・30g
  • バター・・・・・・・・・・20g
  • 薄口醤油・・・・・・・少々
  • 卵・・・・・・・・・・・・・・4個
  • 生クリーム・・・・・・30g
  • 水・・・・・・・・・・・・440cc
  • 和風ダシ(顆粒)
    ・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  • 醤油・・・・・・・・・・60cc
  • ミリン・・・・・・・・・72cc
  • 水溶き片栗粉
    ・・・・・・・・・・・・・・・適量
  • 小口ネギ・・・・・・適量
  • 海苔・・・・・・・・・・・適量
 

 

工程

作り方

1 まずはご飯作り。フライパンにサラダ油を加え、キノコ、ご飯、明太子(チューブを使用)を炒める。最後にバターと薄口醤油を加えて、風味よく仕上げる。

2 次にオムレツ作り。卵に生クリームを加えて混ぜあわせる。サラダ油をひいたフライパンに卵を流し込み、箸でかき混ぜながら、半熟状態にする。卵をフライパンの上部に寄せて、フライパンの取っ手を片手でトントンと叩きながら、卵をひっくり返して、オムレツの形にする。

3 小鍋に水、和風ダシ(顆粒)、醤油、ミリンを加えて、ひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を加えて、和風あんを作る。器に炒めたご飯、オムレツ、和風あんをかけ、小口ネギと海苔を盛りつける。

 

看板メニュー

ウチの看板メニュー
いろいろ野菜のバーニャカウダ
980円
 南信州の野菜や店主の実家で作る無農薬の野菜など、新鮮な野菜の味わいが楽しめます。自家製のバーニャカウダソースは、ニンニクと牛乳をミキサーにかけてから、アンチョビとバターのほかに、生クリームを加えることでより濃厚な味わいに。「バゲット」200円を添えれば、旨みたっぷりのソースを最後までいただくことができます。

 

〈レシピ提供〉

食堂cafe Takemoku
タケモク

shopdata

■住所/東区筒井2-2-3 バンベール31 1階
■営業時間/午前11時30分~午後2時30分、午後6時~10時30分(L.O.9時30分)、土・日曜・祝日は午前11時30分~午後10時30分(L.O.9時30分)、火曜休み
■Tel.052-982-8737

食堂cafe Takemoku

 カリモクのイスやビンテージのソファーが置かれた落ち着いた雰囲気の店内。しっかりごはんが食べられるカフェを目指し、旬の食材を使った「Takemokuごはんランチ」1250円は、5種類のおかずつきでボリューム満点です。アルコールも用意されているので、夜カフェとしての利用もOK!

オーナー木上友美さん

オーナー
木上友美さん

 2013年6月オープン。カチューシャやコースター、トートバッグなど、布小物を作るのが大好きな木上さん。店頭では作品の一部を購入することができるそう。

 

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 6月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ