週末のお出かけに! 大人が楽しめる社会見学へ


週末のお出かけに!

大人が楽しめる
社会見学

子どものころに行った社会見学。大人になった今だからこそ楽しめたり、見学してもっと身近に感じたりするものもありますよ。工場や博物館がたくさんある“ものづくり王国・愛知”の魅力を再発見! 気軽に週末に行ける工場や施設を紹介します。

1.常滑市 中部国際空港セントレア

迫力満点! 飛行機が間近で見られる

シティ読者の2人はバスに乗り込み、空港島を1周。普段は関係者しか入ることができないエリア、滑走路を見学しました。飛行機の離着陸見学ポイントでは、滑走路脇100mまで近づき飛行機の轟音を感じられる距離に大興奮! スカイデッキからの眺めでは感じられない迫力です。パイロット、海上保安庁、消防署で働く人や、駐機中の飛行機のまわりで働く整備士の様子も間近で見られます。

住所 常滑市セントレア1-1
アクセス 名鉄名古屋本線「中部国際空港」駅直結
見学 土・日曜、①9:15~、②11:15~、③14:15~、(約90分)
料金 3480円(3歳以上)
予約 「セントレアまるわかりツアー」で検索して公式ホームページから、出発日の8日前まで受け付け(個人参加の場合)

COMING SOON!

FLIGHT OF DREAMS

フライト・オブ・ドリームズ

ボーイング787初号機の展示をメインとした複合商業施設がオープン。チームラボがプロデュースする空間では「航空」をテーマに体験型コンテンツを楽しめます。アメリカ・シアトルで人気の飲食店も出店し、非日常の雰囲気を味わって。(9月以降オープン予定。詳細は公式ホームページをチェック)

迫力ある機体を間近で見ることができます

2.名古屋市 アサヒビール名古屋工場

“ビールツウ”になって、
新鮮な味わいを堪能

まずは大きなビールタンクの迫力を感じて工場の中へ。入り口にはビール造りを瀬戸の焼き物で表わしたモニュメントがあり、進んでいくとビールの原料となる麦とホップを手に取って触ることができます。ガイドさんが製造工程はもちろん、豆知識も教えてくれるので気分は“ビールツウ”。最後にできて間もないビール3種を試飲できます。知識を得た後のビールの味は格別ですよ。

住所 名古屋市守山区西川原町318
アクセス JR中央本線「新守山」駅から徒歩約15分
TEL052-792-8966
見学 毎日、9:30~15:00(年末年始、休業日を除く)
料金 無料
予約 前日17:00までに電話、もしくは「アサヒビール名古屋工場」公式ホームページから

3.日進市 愛知ヤクルト工場

健康意識が高まる!
乳酸菌について学ぼう

仕事にプライベートに忙しく働く女性におすすめなのが「愛知ヤクルト工場」。分かりやすいビデオ映像を通して、腸内環境を整える“乳酸菌シロタ株”が私たちの体をサポートする仕組みを知ることができます。健康意識が高まり、食生活を見直すきっかけになるはず。工場で見られる、空容器から「ヤクルト」ができるまでの俊敏な工程も見ものです。

住所 日進市藤枝町前田5
アクセス 名鉄豊田線「日進」駅から徒歩約30分、車で約10分
TEL0561-73-8960
見学 月~土曜、①9:00~②10:30~③13:30~(年末年始を除く)
料金 無料
予約 3カ月前の同日から前日までに電話を

4.名古屋市 ノリタケの森 クラフトセンター

今も美しい明治の陶磁器!
歴史を感じる空間へ

見ているだけで気分が上がる美しい陶磁器に触れてみませんか? 「クラフトセンター」内の「ミュージアム」には、明治から昭和初期に日本人が作ったの陶磁器がずらり。ディナーセットも展示され、おしゃれな空間に心躍ります。クラフトセンターでは職人さんによる陶磁器の形を作るところから、絵付けするまでの製造工程が近距離で見られるのが魅力。気軽に質問も答えてくれますよ。

住所 名古屋市西区則武新町3-1-36
アクセス 各線「名古屋」駅から徒歩約15分
TEL052-561-7114
見学 火~日曜、10:00~17:00(祝日の翌日、年末年始を除く)
料金 大人500円、高校生300円、中学生以下無料
予約 不要 ※月に2回ガイド付きの見学を開催。詳しくは「ノリタケの森」公式ホームページで確認を

7/23(月)
OPEN

NEW 安城市 デンソー高棚製作所

デンソー初の一般見学
「TAKATANA ファクトリーツアー」

自動車やバイクの走行スピード、エンジンの回転数などがわかるメーターの製造過程を見学し、自動車部品の歴史と最新のモノづくりを知ることができます。未来の自動車社会や運転中のわき見や居眠りを検知する装置、フロントガラスに映像を投影するディスプレイなど、最新の安全技術も体験。見学者限定のお土産ももらえます。

住所 安城市高棚町新道1
アクセス JR・名鉄「刈谷」駅から送迎バス有(要予約)
見学 月~金曜、①9:30~②10:00~③13:30~④14:00~(ゴールデンウィーク、夏季連休、年末年始を除く)
料金 無料
予約 90日前から1週間前までに「デンソー」公式ホームページから

7/23(月)
RENEWAL OPEN

NEW 半田市 MIZKAN MUSEUM

事前予約して自由に見学
江戸時代までタイムスリップ!?

体験型博物館「MIZKAN MUSEUM」では、全館見学コースに加えて、江戸時代の酢づくりや現在の醸造の様子を見学できる大地の蔵コースが誕生。事前予約は必要ですが、所要時間30分と時間をうまく活用できるのがうれしいですね。古くから受け継がれてきた“ものづくり”に触れて、江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を楽しんで。

住所 半田市中村町2-6
アクセス 名鉄河和線「知多半田」駅から徒歩約13分、JR武豊線「半田」駅から徒歩約3分
TEL0569-24-5111
見学 金〜水曜、9:30~17:00(休館日の木曜、年末年始を除く。詳しくはホームページで確認を)
料金 「全館コース」大人300円・中高生200円・小学生100円、「大地の蔵コース」大人100円・小中高生50円(いずれも乳幼児は無料)
予約 事前予約制のため電話または「MIZKAN MUSEUM」公式ホームページから


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ