等身大のガイドブック!TRAVEL THE WORLD


海外旅行でパワーチャージ
刺激を吸収してまた仕事へ―

“海外旅行の醍醐味(だいごみ)は?” 読者アンケート(※)で一番多かった回答は、「新しいモノとの出合い」「パワーチャージ」「価値観が変わる」でした。働く女性にとって、日々の生活を豊かにするためのエッセンスが海外旅行。楽しんでいると自然に英気が養われ、現実に戻ったらまた仕事を頑張れますよね。2・3面では、実際に読者がどんな世界に触れて、充実した時間を過ごしているのかを探りました。リアルな声をキャッチすれば、新たな世界に踏み出したくなるはず。注目の台湾・ドイツ・メキシコについてもリサーチ。次の候補に追加して。
※シティリビング3月24日号プレゼントアンケートより(2017/3/22~3/28)

ニューカレドニア

左:堀このみさん(27歳/メーカー)

海の美しさが別格です

海外旅行では、海でぼーっとしたり、サーフィンをするのが自分にとって最高のリフレッシュ方法です。中でもニューカレドニアは世界遺産に登録されている海があるなど、美しさは別格。旅行中はきれいな景色を見つけては写真を撮り、インスタにアップ。写真を見返すのが疲れたときの癒やしです。

モロッコ

磯村夏希さん(29歳/リース)

街全体が撮影スポット!

モロッコで一番見たかった景色は“青い街・シャウエン”。街を回ってみると、壁に貼り付けてあるタイルまで色鮮やかでおしゃれなんです。サハラ砂漠でラクダに乗るのも目的でした。幻想的な写真はすてきな思い出に。長期休みだったので、スペインやイビサ島にも足を延ばしました。

韓国

右:荒川美紀さん(26歳/建設)

新しいカフェを求めて何度も

片道のフライト時間は、日本から約1時間半なので、プチ旅行感覚で行けるのがうれしい。常に流行りもので溢れていて、行くたびに新しいカフェがオープンしているので飽きません! 店内のデザインはカラフルなところが多く、インスタ映えします。食欲と物欲を満たしてくれるすてきな場所。

タイ

纐纈唯さん(29歳/メーカー)

誰と行っても満喫できる♪

タイの一番の魅力は物価が安いこと。バンコクはグルメ・ショッピング・観光・スパすべて気軽に楽しめます。古き良き伝統を感じられるお寺や、少し離れたところにはビーチもあり、夜はにぎやかなマーケットや音楽を楽しめる街も。誰と行っても満喫できるすてきな国。パクチーは苦手だけど、おいしいグルメにたくさん出合えました!

べトナム

工藤麻菜美さん(28歳/サービス)

現地の人と楽しんだ一人旅

北部のハノイは落ち着いた街、中部のダナンはリゾート、南部のホーチミンは明るい街、いろんな雰囲気を楽しめました。都会もどこかレトロなのがお気に入り。道を聞いたり、電話を借りたりするのをきっかけに、たくさんの人と話すことが出来ました。仲良くなって一緒に飲みに連れてってくれた人も。

インド

古川紀恵さん(45歳/アパレル)

なぜか日本人が人気者に!?

インドはツアーで友達と行きました。街を歩いているだけで、現地の人が手を振ってくれます。なぜか写真を求められ、テーマパークのマスコット気分を味わえました(笑)。インドに限らず、現地のフレンドリーな感覚の人と触れ合えるのは楽しみのひとつ。言葉が通じなくても優しく接してくれ、受け入れてくれるので心が温まります。

世界遺産の宝庫 メキシコ

日本の5倍の面積があり、美しい自然に恵まれたメキシコ。マヤやアステカなどの古代遺跡、荘厳なコロニアルシティや修道院など、世界遺産は34あります!首都メキシコシティは名古屋市の姉妹都市で、世界で3番目に大きいピラミッド・テオティワカンが。最近話題なのはカンクン近くのピンクレイク「リオ・ラガルトス」。ピンク色の塩湖が幻想的ですよ。(取材協力/アエロメヒコ航空)

カラフルで絵になる 台湾

人気の街、「九份」の夜は赤堤灯の光が街をきれいに彩ります。昼にはお茶を味わえるスポットとしても話題。カラフルな芋団子なども味わえます。ほかにも、知る人ぞ知る観光スポットとして注目されているのが台中市にある「虹の村」。ここには台湾人のおじいちゃんが書いたウォールアートが広がります。台湾女子も撮影に訪れる人気フォトジェニックスポットのひとつ。カラフルな街巡りを楽しんで。(取材協力/台湾観光局)

絶景巡りに最適な ドイツ

人生で1度は見てみたい絶景が盛りだくさんのドイツ。雲海に浮かぶ城「ホーエンツォレルン」は、ドイツ3大名城のひとつ。まさに非現実的な気分に誘われる場所です。ワインの産地、「ベルンカステル・クース」では、美しい木組みのかわいらしい家が並ぶ街と「モーゼル川」の景観を楽しむことができます。ドイツでは9・10月にビールの祭典「オクトーバーフェスト」も!(取材協力/ドイツ観光局)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月22日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ