始める!?キャッシュレス生活


始める!?キャッシュレス生活

大きな財布を持たずに、スマートにお会計「キャッシュレス決済は便利だけど、なんとなく不安…」という読者はまだ多いよう。確実に訪れるキャッシュレス化の波に、賢く向き合う方法を、専門家と考えました!

 
 
現金派はこの先どうすればいいですか?

「私は現金派」というシティ読者が、専門家を交えた「キャッシュレス座談会」に参加しました。疑問や漠然とした不安は、みんなで共有して、知識を得ることですっきり。キャッシュレス決済を快適に利用するために、まずは自分に合った方法を探すところから。一歩ずつ前進です!

教えてくれたのは…

  • 経済産業局
    中部経済産業局
    流通・サービス産業課
    藤田康佑さん

  • すずらん法律会計事務所
    弁護士
    大野祐揮さん
     

  • 織田幸二法律事務所
    弁護士
    田中美有さん
     

シティ読者と大学生が参加した座談会。さまざまな疑問に、3人の専門家が答えてくれました

 

教えてくれたのは…

経済産業局
中部経済産業局
流通・サービス産業課
藤田康佑さん

 

すずらん法律会計事務所
弁護士
大野祐揮さん
 

 

織田幸二法律事務所
弁護士
田中美有さん
 

 

シティ読者と大学生が参加した座談会。さまざまな疑問に、3人の専門家が答えてくれました

 

先日行った海外旅行先では、どこでもスマホ画面で「ピッ!」と決済。お年寄りも使いこなしていてびっくり。現金は断られ、現金OKだったところはお釣りが出なくて、チップとして扱われてしまいました。私たちの生活もそうなるの?

経済全体にメリットあり!日本でも使いやすい環境に

世界各国のキャッシュレス比率を見ると、日本は約20%。キャッシュレス化が進む国は40 ~ 60%台。中国は約60%、韓国は約90%です(2015年)。スウェーデンでは、体に埋め込んだマイクロチップで決済をするという人もいるんですよ。
日本は治安がよく、偽札が少ないといった背景もありますが、10月からの消費税増税や2020年を控えて、大きく前進すると予測されています。なぜなら、キャッシュレス化が進むことで、消費者の利便性や事業者の生産性向上につながり、経済全体にメリットがあるから。みなさんが使いやすい環境も整っていくと思いますよ。(藤田康佑さん)

※キャッシュレス決済比率は世界銀行「Household final consumption expenditure(2015年)」及びBIS 「Redbook Statistics(2015年)」の非現金手段による年間決済金額から算出 ※中国に関してはBetter Than Cash Allianceのレポートより参考値として記載

お金をどれだけ使ったか管理できなさそうだし、種類がたくさんあって、自分に合うものも分かりません。そんな人でもうまく使えますか?

分類すると分かりやすい。心配な人は、前払い方式から

大きく分けると、支払い方法は「前払い・即時払い・後払い」の3つ。媒体は、なじみのある「カード」や「モバイル」のほか、顔・指・手・目・声など「生体」認証の開発が進んでいます。みなさん現金派ということですが、スマホを使った決済方法だけでなく、クレジットカードやデビ ットカード、交通系のICカードもキャッシュレス決済ですよ。お金を使いすぎるのが心配な人は、「前払い方式」で、先に一定額をチャージして使っていくというやり方はどうでしょうか。
ポイント還元など、メリットのあるキャンペーンも展開されています。また、それぞれの特徴を調べて、自分に合ったものを見極めてください。キャッシュレス決済の自動家計簿など、消費履歴情報を管理する方法もありますよ。(藤田康佑さん)

踏み出せない理由の一つが、登録が面倒なこと。種類を増やすと管理しきれなくなりそうです。セキュリティー面のトラブルに遭遇するのが心配だし。1000円買っただけなのに、10万円請求されたら…。自分のお金をしっかり守る方法はありますか?

自分にとっての必要性やリスクを考えて、調べてみよう

座談会では、キャッシュレスのメリットとして「小銭が出ない」「管理されていることでの安心感」「ポイントがたまる」「個人間送金ができる」の意見がある一方、「現金のメリットって何だろう」という話になりました。現金にこだわる理由を改めて考えてみるのもいいかもしれませんね。(大野祐揮さん)

 

銀行口座やクレジットカードに紐づけたコード決済などは、心配する人も多いです。企業側では対策が練られていて、利用者補償制度を設けたり、検討する動きがあり、問い合わせ窓口を用意しているところも。トラブルにあったときは、消費者ホットライン「188」も利用してください。中部経済産業局にも消費者相談室があるので、気軽に相談してくださいね。(藤田康佑さん)

 

「 周りでやる人が増えて、〇〇ペイは安心だよと言われてから始めたい」「CMをやっている大きい会社なら安心かも」という声がありましたが、その考え方は危険です。それだけに頼るのではなく、お金を出す、新しいことをやるときは、自分自身で必要性やリスクを考えるワンステップを忘れないで。(田中美有さん)

 
14種類を使いこなすキャッシュレスマスターに聞きました!

座談会メンバーの大学生 金光紘也さん。現金を使うのは、なんと月に数日ほど。その生活に興味津々です!

中学校2年生のとき、親の旅行土産のお香が気に入って、ネットショッピングがしたいからと、プリペイドカードを作ったのが最初。それからデビットカード、交通系電子マネーなどを使い始め、コード決済はサービス開始直後から。大学生になりクレジットカードを作りました。携帯のiDが使えるので、財布を持ち歩かないこともしばし。現金は、ATMで引き出す煩わしさがあるし、小銭がかさばって財布が型崩れするのもいやです。だけど安心のためにお札を持ち歩いています。
キャッシュレス決済の手段を選ぶ基準は「ポイント還元率が高いもの」。金融サービスはメンテナンス期間が長かったり、インフラを止めてはダメで、送金の不具合があったり、安定していないものは使わなくていいと思っています。
お金を使うときは、「本当に今必要か」を考えます。大学生になってからは家計簿アプリで収支が分かるように。浪費はしていないですよ。

座談会に参加して、シティ読者はどう感じたの?

これまでキャッシュレス決済のデメリットばかり目についていましたが、話し合うことで、肯定的に捉えられるようになりました。その後、雑誌などで評価の高いコード決済を使ってみようと試みているのですが、登録した記憶のないパスワードを求められ、先に進めない状態…。解決し、納得できるまで調べてみます。慣れてきたらいろいろと使って、自分の生活スタイルに合う方法を見つけていきたいです。八田美樹さん(総務)

八田美樹さん(総務)

 

難しい!分からない、で終わりそうな内容を、いろいろな視点からの意見が聞けて、勉強になりました。キャッシュレス決済は、電子マネーとクレジットカードの2択でしたが、幅広いお店で使えるものを比較検討中です。安田亜矢さん(学校事務)

安田亜矢さん(学校事務)

 

キャッシュレスの不安を取り除くことができ、誤解していることも多かったですね。簡単で便利ですが、弁護士の先生が言われた「現金を使わない分、慎重にならないといけない」ことを意識して、スマートな大人のたしなみにしていきたいです。プリペイドカードだと、使いすぎないことが分か ったので、コンビニではあらかじめチャージした分で買い物するように。お財布を持ち歩かず、身軽です!村上奈々さん(設計)

村上奈々さん(設計)

 

手段の多さや便利さ、ポイント還元率が高い期間があるなど、トクする使い方もあることを知りました! 座談会後にコード決済の登録をしました。買い物する時に使ってみるのが楽しみです。さまざまなリスクもあるキャッシュレスですが、上手に利用して楽しい消費生活ができればと思います。藤井侑香さん(営業事務)

藤井侑香さん(営業事務)

 
1週間完全キャッシュレス生活

名古屋のオフィス街で、現金なしで生活できる? どれくらい便利なの? 旅先では…。しっかり体感してみました。

朝:会社の最寄り駅にある自販機でお茶を、交通系電子マネーで購入してみた。いつも遅刻ぎりぎりだから、急いでいるときは特にいいかも。
昼:外で食べる時間がないので、コンビニのお弁当を、ケータイ会社のプリペイドカードで。コード決済のキ ャンペーン中なので登録。

 

朝:新幹線の中でお茶とおにぎりを交通系電子マネーで。車内販売では、「小銭を出して、手間を取らせるのが悪いなぁ」と思っていたので、なんだかうれしい。
昼:上司のおごりでラッキー。コード決済で、ポイントをためているらしい。
夜:京都駅構内で、京つけものと抹茶のお菓子を交通系電子マネーで購入。

 

昼:会社の同僚と3人でランチ。新しくコード決済が導入され、さっそくこれで。使える店が身近に増えている!
夜:居酒屋で同僚と飲み会。私がクレジットカードで払い、同僚分は現金でもらう。

 

昼:営業先の近くのファミレスで。後輩が財布を忘れたので、コード決済の割り勘機能を使ってみた。私が支払った後に、後で後輩から送金してもらう。めちゃカンタン。

 

友人と和歌山県へ旅行。ローカル限定商品を求め、白浜の海水浴場の近くの地元スーパーへ。小さなスーパーで、幅広いキャッシュレス決済対応…すごい!

 

和歌山県のサービスエリアで、梅干しや梅酒を購入。キャッシュレス決済のポイント2倍キャンペーンのポップが店内のあちこちに。

 

一週間を終えて…

コンビニを中心に使える店舗が多く、意外とスムーズ。居酒屋は、クレジットカード以外はNGなところが多いみたい。何に使ったか分かる決済アプリで、食費の使いすぎが判明しました!

 

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ