「カジュアル」を「大人カジュアル」にブラッシュアップするには?

働く女子の着こなしLesson

働く女子のための着こなしテクを、ファッションディレクターの伊藤佳代子さんがレクチャーします!

「カジュアル」を「大人カジュアル」にブラッシュアップするには?

すごくカジュアルな服装でOKな会社に勤めていて、大人カジュアルの仕方がわかりません。子どももいるので堅苦しい格好はできるだけ避けたいし、かといっていつまでもジーンズにパーカーというのも…。みっともなくない大人カジュアルをするためには、どこに気を付ければよいか知りたいです。(雪城さん/29歳)

スタイル見本

1)スポーティーやアウトドア系に偏りすぎないこと。オフィスなのでルーズ系カジュアルももちろんご法度。カジュアルベースでも清潔感を心がけましょう。 ※参考商品

2)キレイめカジュアルを目指すなら、ジャケットは必須。キャリア系、エレガンス系、キュート系ジャケットなどをイメージに合わせてコーディネートしてみて!¥19,950/フォルムフォルマ(東京ソワール)

3)カジュアルアイテムにちょっとだけトレンドデザインを取り入れてみて。「ファッション」を意識したものを少しコーディネートするだけで、新鮮なイメージになります。 ※参考商品

商品に関するお問い合わせ
フォルムフォルマ
・Terrace Mall湘南 1階 北モール
 TEL:0466-38-1868
・越谷レイクタウンkaze 1階
 TEL:048-934-3176

年齢を重ねた人の「カジュアル」は、
逆に老けた印象を与えてしまうことも!

こんにちは。とうとう2月も最終日、明日からは3月。まだまだ寒い日は続いていますが、3月3日は桃の節句、春遠からじの季節になりました。さて、今回のご相談は「大人カジュアル」。ものすごく若い時と違い、あまりにラフ過ぎても大人げなかったり、カジュアル=いい加減に見られてしまったり、逆に老けた印象になってしまったり…。気をつけないと、思わぬところに若々しさが欠けてしまうポイントが潜んでいます。年齢を重ねた人のカジュアルスタイルは、おうちカジュアルと会社仕様のオフィシャルカジュアルとの違いをつけ、若い女子と差をつけるためにもキレイめに仕上げることが重要です。

ポイントは3つ。

全体がスポーティーやアウトドア系に寄り過ぎないこと。
Tシャツ・デニム・パーカーのコーディネートも悪くはないですが、20代前半のハツラツとした体型とはちょっと違ってきたな…と自覚症状がある場合、緩んだ体のシルエットを感じさせてしまうTシャツ姿は「若々しい美しさ」ではなく、「緩んでしまっただらしなさ」を演出してしまいます。

ジャケットマジック!
インナーがTシャツやデニムスタイルでも、襟がついたジャケットを羽織ることですっきりモダンなキレイめスタイルに仕上がります。

定番+αのデザインを一つ取り入れてみる
カジュアルスタイルの中に一つだけ、ファッションを意識したアイテムを取り入れてみましょう。なんでもないシンプルなニットカーディガンを、はおりタイプのAラインのロングカーディガンにしてみるとか。「おしゃれ」や「ファッション」を意識したデザインを少しだけ取り入れることにより、スタイルを感じさせる装いに変身可能です。

トレンドを常に追う必要はありませんが、旬を感じさせるデザインやアイテムを合わせることによって見られ方が随分変化しますよ。堅苦しいファッションをしなくたって、キレイめスタイルは可能です。是非今日からトライしてみてくださいね。

他のスタイリングはコチラでチェック!

[情報掲載日:2012.02/29]

お悩み相談はこちらから

プロフィール

伊藤佳代子
伊藤佳代子
東京ソワール マーケティング部 ファッションディレクター

フォーマルウエアの老舗「東京ソワール」のファッションデレクターとして、某百貨店商材のバイイング、シーズンファッションデレクション、マーケティング調査に携わる。また、シティリビングをはじめ、婦人ファッション誌やTVでファッション&マナー、ビューティ関連のアドバイザーとしても活動している。
日本フォーマルウエア協会ゴールドライセンス取得。

東京ソワール
東京ソワール
http://www.soir.co.jp

バックナンバー

カテゴリー

おすすめコンテンツ

プレゼント

プレゼント
毎週更新のうれしいプレゼント