1. シティリビング
  2. 京都
  3. ライフスタイル
  4. ○○断食で自分メンテナンス

○○断食で自分メンテナンス

次々と新商品が登場し、知りたい情報はインターネットでパパッと手に入るいま。モノやコトに頼りすぎて、自分で考えて何かをするということがおざなりになっていませんか? そこで、SNS、スキンケアなど、実際に少しの間やめてみる、プチ〇〇断食を提案。2面では体験した読者の声を紹介します。時間にゆとりができる年末年始に、あなたもレッツ、トライ!

自分に必要かどうかの見極めが大事

教えてくれたのは

岩淵都さん
思考と空間を整理するプロ・マスターライフオーガナイザー。心の整理を重視し、一人一人に合った片付け法を提案しています

「流行のモノや情報に踊らされて、時間に追われている人が多い気がしますね」と話すのは、ライフオーガナイザーの岩淵都さん。

ライフオーガナイザーとは、その人にとって「何が必要なのか」「どんな順番で大切なのか」を考える〝思考と空間の整理〟をもとに、片付けをサポートするプロ。

仕事柄、今まで何人もの思考の整理を手助けしてきた岩淵さんによると、「自分と向き合う時間が少ない人は、情報に振り回されたり、便利なモノに頼りすぎて、自分を見失いがち。逆に、忙しい中でも自分と向き合い、自分自身をよく分かっている人は、本当に必要としているモノや情報に対してのアンテナがはりめぐらされているんです。だから、時間を有効活用できている人が多いですね」

視覚化することで自分自身が見えてきます

では、自分に必要なモノ、不必要なモノ。どうやって見極めればいいの? 「自分の頭の中を整理するにはまず、書き出すことが大切です。書き出して視覚化することで、自分に必要なものがシンプルに見えてくるはず」

書き出す内容については、「下表のようにしたかったけれど、できなかったことなどを書き出して。自分がしたいことがハッキリすれば、必要なことには熱中できる一方、不要なことはシャットダウンでき、生活が豊かになりますよね。ちょうど年末年始にさしかかるので、今年できなかったこと、来年したいことに絞って書き出すのもおすすめ。それらの中から、【a】自分がやりたいこと【b】やるべきことに分類してみて」

さらに、やるべきことは本当に自分に必要なことなのか、人に頼めないか考えることも大切なのだとか。「もしかしたら自分が思いこんでいるだけで、不必要なことかもしれません。どんどん整理して、いらないものは手放していきましょう」

〇〇断食の見つけ方

  • ❶今年したかったけれど、できなかったことを書き出す
  • ❷①で挙がったことに対し、なぜできなかったのか理由を書き出す
  • ❸②の理由を細分化。その一つ一つに対して、本当に自分にとって必要なものなのかを考える。
     そこで、いらないと思ったことは断食してみましょう

ページトップ