1. シティリビング
  2. 京都
  3. ライフスタイル
  4. スキマ時間使いこなし術

毎日が変わる!スキマ時間使いこなし術

読者が考える“スキマ時間”は移動時間が圧倒的

安田さん
安田依鈴巳(いずみ)さん
総合人材育成カンパニー「ウィズネス」所属。企業研修のほか、大学で学生に向けた就職支援指導など、幅広く研修を行う

近ごろ、何かとよく耳にするスキマ時間。スキマといえども、1日、1週間、1カ月単位で考えるとすごい時間になりそうですが…、そもそもスキマ時間って何? うまく活用するには? スキマ時間の上手な使いこなし方を伝授します。

たかが5分でも積み重なれば…!?
「タイムマネジメントでよくいうスキマ時間とは、移動中や仕事と仕事の合間など、スケジュールの中で少し空いた時間のこと。基本は5分、10分程度の細かい時間を指しますが、広い意味でとらえると、通勤電車の1時間や夜寝るまでの2時間くらいも空いた時間ということに。
『たかが5分、10分』と思いがちですが、1日、1週間、1カ月降り積もればすごく大きな時間になりますよね。そこを有効活用できる方法、2面でお教えします!」
Q:時間の使い方が上手だと思いますかQ:スキマ時間を活用できていると思いますか?

スキマ時間上手さん代表 H・Mさんの 1日のタイムスケジュール

毎日その日やりたいことを予定に組み込んでいます

移動の待ち時間に調べものをしたり、夕食を食べてお風呂に入るまでの間を趣味の時間にあてたり…。スキマ時間を有効活用しているH・Mさん。
「仕事以外のことも、毎朝その日にしたいことを紙に書き出しているんです。書かないとやっぱり忘れてしまうし、『あれっ?何しようと思ってたっけ?』って考える時間がもったいない。書くことで頭の整理にもなるし、寝る前に1日を振り返って、その日予定していたのにできなかったことがあれば反省もできるし、時間の使い方を見直せるんです。それでざっくりとでも、この時間にこれをしようという、時間の使い方になります」

H・Mさん
H・Mさん
行政機関の事務職員として勤務。定時で帰れることが多く、自分の時間をラインストーンデコなど趣味にあてている

読者の一日に喝!スキマ時間の見つけ方&使い方

読者代表のスキマさんに1日のタイムスケジュールを公開してもらい、安田さんにスキマ時間の見つけ方&活用法をアドバイスしてもらいました。

たくさんやりたいことはあるんですけど…
読者代表・スキマさん
某大学の事務職として勤務。最近職場が変わり、自分の時間が増えたが、持て余し気味

ある1日のスケジュール

さっそく一日を見直してみましょう!

何に使いたいのか
“見える化”することが大事

「スキマさんは時間がたくさんあるけれど、持て余しているタイプ。いつでもできると思うと、ついつい後回しにしてしまいがちですよね」と講師の安田さん。
スキマさんも「そうなんです。ダラダラしてしまって、結局夜寝るのが遅くなってしまうんですよね」とか。 そこで、「自分のやりたいこと」を見える化しておくといいそう。「いくら時間があっても、目的を明確にして動かないといけませんよね。あらかじめ自分のタイムスケジュールを把握して冷蔵庫にはっておくだけでも、全然時間の使い方は変わってきますよ」

スキマ時間のつくり方

step1
自分が「やりたいこと」を探して、書き出す。

step2
自分の1日のタイムスケジュールをざっくり書き出す。何にどれくらい時間を使っているのか客観的に見てみて。

step3
空き時間やムダな時間を見つける。その時間をSTEP1で書き出した「やりたいこと」にあてられないか、時間の活用法を考えて、実行まで移せたら、スキマ時間マスター!

ページトップ