お気に入りの帽子を買いに


まだまだ暑い日が多いけれど、そろそろ秋物も気になる時期。いつもの着こなしも帽子ひとつで雰囲気が一新します。今回は、昔ながらの商店街に店を構える専門店からアトリエまで、地下鉄沿線にある個性の違う3つのお店を紹介します。お気に入りの帽子を探してみて。似合うデザインの選び方やかぶり方のアドバイスもチェックを。 

レディーライクなデザインが豊富
〝隠れ家〟を思わせるアトリエ

imageréel(イマージュレール)

オフィス街のビルの3階にある「imageréel」は、まさに〝隠れ家〟のような雰囲気。中に入ると、さまざまな装飾を施された帽子が棚に並んでいます。奥にはアトリエがあり、デザイナーのminoさんがオリジナルの帽子を手作り。レースやレザーを取り入れた上品で遊び心のあるデザインが特徴です。minoさんが〝小さい帽子〟と呼んでいるヘッドピースも充実。フルオーダーやセミオーダーも可能です。

スタンダードなアイテムに、何か一つ個性を加えるのがminoさんのデザイン。多彩なイマジネーションを形にしながら、アトリエで製作を続けています

シンプルな服装に小ぶりなヘッドピースをアクセサリー感覚でつけてみると、いつもとは違う雰囲気になります。また、晩夏には天然素材でも、キャメルやグレーなどの落ち着いた色みを選ぶようにすると季節感のあるスタイリングに

(左)然素材にジッパーを組み合わせた「ジッパーリボン つば広」(1万7280円)。甘くなりすぎないデザインでコーデしやすく、幅広い年齢層に人気だそう(右)軽やかな天然自然素材「シナマイ」にドットプリントが印象的なヘッドピース「ミニキャノチェ」(フルオーダー3万2400円)

  • 下京区松原通堺町東入ル杉屋町283 松原クラタビル3階3A
  • TEL.075-203-9247
  • 午後1時〜8時、土・日・月営業 ※オープン日以外は要予約。臨時休業日あり ※8月7日(火)までは、ジェイアール京都伊勢丹にて期間限定販売会開催のため休み

地下鉄「五条」駅から徒歩7分

工房にショップを併設
作家と話しながら選べるのも魅力

BIZARRE(ビザール)

〝遊び心のある上質な帽子〟を取り扱う「BIZARRE」。アトリエ兼ショップの店内には、レディース・メンズ合わせて約60点の商品が並びます。いずれもオリジナルデザイン。通常価格より1000円~2000円アップで、色や生地、サイズの変更も可。「デザインはちょっと風変わりなものもありますが、かぶり心地の良さを大切にしています」(店主・内田さん)

東京で帽子やアパレルのデザイナーをしていたという内田亜斗武(あとむ)さんと内田純子さん。こちらのお店は10年前にオープン

帽子選びで大切なのはトータルのバランスです。必ず大きな鏡に全身を写して、正面だけではなく、横から、斜め後ろからなど〝他人目線〟でもチェックを。また、同じ帽子でも〝その人に似合うかぶり方〟があります。「この形は苦手」などと決めつけず、少し角度を変えてかぶってみるなど、いろいろ試すといいですよ

(左)「オランダ刺繍ハット」(2万4840円)。トップの生地がやわらかく、かぶり方でニュアンスが変化します。折りたためるのもポイント(右)「リボンベレー」(2万1600円)。素材は麻とシルク。とても軽いのが特長です。リボンの位置を、気分に合わせて前、横、後ろと変えてかぶってもすてき

  • 中京区寺町二条上ル要法寺前町707-2 千田ビル3階
  • TEL.075-585-8022
  • 午前10時30分~午後7時(昼休み:午後0時30分~1時30分)、水曜休 ※8月8日(水)まで夏季休業。そのほか臨時休業日あり(随時、ウェブサイトで案内)

地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩8分

サイズ、形ともに幅広い品ぞろえ
時代の流れを見つめてきた帽子店

京都トミヤ帽子店

創業99年目を迎える帽子店。店を切り盛りするのは、3代目の藤岡孝司さんと4代目の翔さん。地元の人から旅行者まで、実にさまざまなお客さんと「日々、楽しく帽子談議を交わしている」そう。昔ながらの看板も残る店内には、輸入品を中心に500を超えるアイテムがズラリ。たとえば、フェルトハットひとつとっても、素材やカラー、あしらいが違うものなど多種多彩です。

4代目の藤岡翔さん(奥)、スタッフの薮さん(右)、古河さん。「曽祖父が向日市で店を構え、京都三条会商店街に移ってきたのは祖父の代から」と、藤岡翔さんン

帽子文化が根付く欧米では、着るものを決めてから帽子や靴選びをするのではなく、帽子を選んでから洋服のコーディネートを考える人も多いようです。女性の帽子選びも、気に入ったと思うものであればメンズでも、気軽に取り入れてオシャレを楽しんでみては

(左)商品の9割近くが輸入品といい、イタリアと言えばまず名前の挙がる「ボルサリーノ」のソフト帽は、型、色、サイズともに充実。写真は、「ラビットファーフェルト ハット」(3万5640円)(右)「ダレーナ」の「ウールフェルト デザインベレー」(5400円)。柔らかな手触りで、初秋コーデにも取り入れやすい豊富なカラー展開

  • 中京区三条通大宮東入ル御供町284 三条会商店街内
  • TEL.075-811-6928
  • 午前10時〜午後8時、水休(祝日は営業)※臨時休業日あり

地下鉄「二条城前」駅から徒歩8分


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月19日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ