マップ片手に、山鉾めぐり

マップ片手に、山鉾めぐり


祇園祭 前祭も、後祭も マップ片手に、山鉾めぐり

コンチキチン。四条烏丸に降り立つと、まさに祇園祭真っ最中。7月13日(金)からは前祭(さきまつり)の、21日(土)からは後祭(あとまつり)の山鉾(やまほこ)めぐりが楽しめます。今年は土曜や日曜に当たっているから、平日仕事のみんなもお昼間にも気兼ねなく行けますね。便利なマップを片手に、祇園祭を堪能して。

  • …リユース食器返却、ごみ箱など
  • …お昼(正午)から設置される、ごみ箱のみ
  • …午後6時以降設置、ごみ箱のみ

屋台が多く出る前祭では、
エコステーションの利用を

前祭の15日(日)、16日(祝・月)には、リユース食器や分別ゴミを回収する、エコステーションが各所に設置されます。ゴミを捨てる時も、このマップで確認してからね。

いまさら聞けない粽のこと
祇園祭の風物詩・粽(ちまき)は、厄除(よ)けのお守り。食べるためのものではありません。その昔、スサノオノミコトが旅の途中に貧しい民から厚いもてなしを受けたことへの感謝として、護符をつけた茅(ち)の輪を授けたことに由来するのだとか。粽は玄関の上に飾り、その下をくぐることで御利益があるといわれています。各会所(※)では、山鉾ごとにさまざまな粽が販売されます。数に限りがあるため、売り切れる場合もあり。
(※)各山鉾の保存会が粽やオリジナルアイテムを販売したり、ご朱印を授与したりする場所

前祭
宵山行事:7/14(土)〜16(祝・月)
巡行:7/17(火)
後祭
宵山行事:7/21(土)〜23(月)
巡行:7/24(火)
※宵山飾りのみ展示

会所にAEDを設置

今年から、すべての会所にAEDが設置されています。暑い時期のお祭りだから万一のときのために、覚えておきましょう。

後祭は「エコ屋台村」へ
今年で5回目となる「エコ屋台村」。お祭りやイベントから出るごみを減らすために、リユース食器を使って飲食を提供することを促進しようと京都市が企画。今年は、すべての飲食屋台で食品ロス削減をテーマにした「もったいない屋台」が登場します。リユース食器を使った料理の提供や、ごみの分別など環境に優しい屋台がずらり。ステージでは、鷹山保存会による祇園囃子や、華道男子グループ「INENOBOYS」によるいけばなパフォーマンス(22日のみ)も。
日時:7月22日(日)、23日(月)、午後5時~9時30分
会場:京都芸術センターグラウンド(中京区室町通蛸薬師下ル東側)

終電もチェック 京都市営地下鉄

「四条」駅

  • 国際会館行き

    月~木、土日祝/午後11時50分
    金曜/午前0時20分

  • 竹田行き

    月~木、土日祝/午後11時57分
    金曜/午前0時27分

「烏丸御池」駅

  • 国際会館行き

    月~木、土日祝/午後11時55分
    金曜/午前0時25分

    竹田行き

    月~木、土日祝/午後11時55分
    金曜/午前0時25分

  • 太秦天神川行き

    月~木、土日祝/午後11時55分
    金曜/午前0時25分

    六地蔵行き

    月~木、土日祝/午後11時55分
    金曜/午前0時25分



Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 11月16日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ