ワーキングマザーにまつわる本音


ワーキングマザーにまつわる本音

仕事をしながら育児・家事もこなす「ワーキングマザー」。同じ職場で働く同僚には、いろんな思いがありますよね。さまざまな気持ちが交錯する「ワーキングマザー」についての本音を読者の声から探り、女性が働きやすい職場環境づくりについて考えます ※アンケートは4/22~5/13シティリビング京都Web上で実施。有効回答数204

不安を抱えながら働くママ 複雑な思いを胸に抱く同僚

「大変そう」「自分には無理かも…」。ワーキングマザーを見てそんなふうに思っている人はいませんか?彼女たちは、仕事も育児も家事も、やることがいっぱいでとても忙しそう。でも、結婚、妊娠をしたら自分も直面するかもしれないさまざまな問題。実際、今の職場で同じように続けられるのか、続けられたとしても周りの理解が得られるのだろうか、なんて悩みも出てきますね。

シティ読者のアンケートでは、働くママは「周りに迷惑をかけているのでは」という不安が、その同僚は「両立できてすごい」と尊敬の念がある一方、「仕事のしわ寄せがくる」との不満の声もチラホラ。お互いが気持ちよく仕事をしていくためのコツを専門家に聞きました。

コミュニケーション力がキー  お互いの仕事内容を把握し整理を

育児という未知の出来事と仕事の両立ができるか不安になるワーキングマザーと、その分の仕事が自分に不当にのしかかってくるのではと、モヤモヤする同僚。

「ワーキングマザーへの不安を感じるのは、見えていないことが多いから。不安点を整理すれば、解決策を考えられるはず」と、京都市男女共同参画推進協会の川端美智子さん。

「大切なのはお互いにコミュニケーションをしっかり取ること。産休や育休をとる人は、自分の業務量や内容をきちんと周りに伝えることで、それをフォローする仲間や上司は仕事の割り振りを考えることができます。子育ては迷惑をかけて当たり前。だからこそ、ワーキングマザーになる人は〝必要な人材だから戻ってきてほしい〟と思われるように日ごろから努力することも大切」とアドバイス。また同僚には「いつ何時、自分も病気や親の介護などで周りの助けを必要とする時が出てくるかもしれません。お互いさまですよ」。

教えてもらった人

川端美智子さん

「(公財)京都市男女共同参画推進協会」常務理事、および女性活躍推進のためのコンサルティング会社「(株)ライフキャリアデザイン・アソシエイツ」代表取締役。全国規模で組織や地域での女性のリーダー育成、ジェンダーの視点で行動変容を起こすカウンセリングなどを幅広く行い、女性の応援をしている

ワーキングマザーになるのに不安なことは?

仕事と育児をうまく両立するには?働くママにアドバイス

「不安要素を一つ一つ〝書き出して整理〟することが大切。
具体的にどう動けばいいのかを冷静に考えていくことができます」と川端さん

タイムマネジメントをしよう
やること、やらないことをリスト化。その上で自分がやらなければならないことなのか、他人に任せられることなのか、またそれは今すべきなのか、後でもいいのかを整理。私的なことは、時間がないならお金を使って外部に頼むのもアリ
すべてを一人で抱え込まない
子育てはみんなでするもの。夫や家族に世話そのものを頼むのが難しい場合は、簡単な家事などからお願いを。すぐには無理でも、将来、家事の自立ができるように育てていくと後々ラクに。何かのときに頼れる地域のネットワークをどれだけつくっておけるかも重要
ストレスをためない
本音で話せ、経験談やアドバイスを聞けるワーキングマザーの先輩を、社内外につくっておくのがおすすめ。小さいストレスの時に吐き出しておくのがポイント。また、自分の時間がとれる通勤時間など、限られた時間の中で気持ちの切り替えができる方法を見つけておいて
お金・自分の人生を考えよう
人生の中で子育てに手がかかるのはほんの10年。いったん仕事をやめてしまえば、再就職で希望の仕事に就けない人は多く、生涯賃金にも大きな差が出てくるとか。また、子育て、介護、自分の夢の実現など、なにかとお金は必要に。子育て後の人生を楽しむためにも、しんどい時期を乗り切る気持ちを強く持とう
相手の立場を思い感謝を伝えよう
恐縮ばかりするのではなく、助けてくれる人に感謝の気持ちをきちんと伝えて。つい仕事中に先輩ママと子育て話で長く盛り上がってしまいがちだけど、それが同僚のイライラの原因になることも。独身の同僚と話す際は、相手との共通の話題をするなどの配慮も必要
お互い気持ちよく働くために 働くママの同僚さんにアドバイス

「先輩が前例をつくってくれることで、自身が働くママになったときにもスムーズに
対処してもらえる道が開ける」と考えて。将来に備えてサポートを

仕事の業務分担を整理し、周りと共有を
産休・育休に入る人に自分の業務量や内容を可視化し周りに共有しておいてもらうことで、1人抜けたときにチームでどう回していけるのかを考えられるように。分担方法を上司や同僚とうまく相談するコツは、ただ不満を言うのではなく「提案」すること。また、働くママにはスムーズにフォローができるよう、常に状況がわかるようにしておいてもらって
待っている気持ちを伝えよう
ずっと一緒に働いていく仲間だからこそ、お互いを思いやる気持ちを持ちたいもの。戻って来てくれるという信頼があって、初めてその間のフォローができるというものです。育休・産休で一時お休みを取る同僚と、職場のメンバーで未来を共有してみて
女性の活躍を応援 国の支援制度

アンケートでは、現在の会社に「育休・産休制度などはない」と答えた人が約3割。京都は中小企業が多いゆえか、前例がない、人員の問題で制度自体が作れない、などの会社があるのが現状のよう。中には「一切支援制度はなく、結婚したら会社を辞めるよう言われている」(H.I.さん・39歳)というところも。しかし、国ではワーキングマザーを守るための法律が制定されています。

出典)厚生労働省雇用均等・児童家庭局/都道府県労働局雇用均等室 「男女雇用機会均等法 育児・介護休業法のあらまし」より一部抜粋

働くママが困ったら…ココに相談

わからないこと、困ったことがあれば一人で悩まず相談を。
内容によって問い合わせ先が違うので、下記を参考にしてくださいね

会社に産休・育休制度がないので相談したい
育児休業法などの詳細について
京都労働局雇用均等室
TEL:075-241-0504、午前8時30分~午後5時15分(土日祝・年末年始除く)
保育先の探し方、再就職や両立の仕方について知りたい
京都ジョブパーク マザーズジョブカフェ
TEL:075-692-3445、月〜土曜/午前9時〜午後5時(日・祝休み、年末年始除く)
働くママの仲間を探したい、ワーク・ライフ・バランスのコツを学びたい
「女子シャインcheers!」
http://www.shine-cheers.net/
働くママ&パパに役立つ講座を知りたい
両立の悩みに効く本の貸し出しもOK
京都市男女共同参画センター ウィングス京都
TEL:075-212-8013、午前9時~午後9時(日・祝は~午後5時、水休み・年末年始除く)
保育所や学校時間外の子どもの預け先を探したい
京都市ファミリーサポートセンター
TEL:075-255-2234、月〜土曜/午前10時〜午後5時(日・祝休み、年末年始除く)

Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月25日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ