保湿10days

知ればさらに潤う!頑張りすぎない保湿テク10


正しい保湿、してる?
知ればさらに潤う!
保湿女子の10日間

 肌も髪も手もしっとり、つるん。冬の女子度を左右するのはそう、潤いです。お金と時間をかけて特別なケアをしなくても、毎日のちょっとした心がけで、保湿力はぐんとアップ。そんな頑張りすぎない保湿テクを、美容賢者に教えてもらいました。
photo:遠藤麻美、model:本橋絵梨子さん(営業事務)

PROFILE

  • シティ美(内勤OL)
    入社から6年、確実に誰かの役に立っている仕事に楽しさを感じながらも、職場の人間関係に少々疲弊ぎみ。仕事ではまじめで頼りになるキャラだけど、私生活では面倒くさがりな一面もあり、肝心なところで詰めが甘いことも…。某男性アイドルが生きる糧

Study

保湿・乾燥の豆知識「そもそも湿度って何?」

 湿度とは、空気中に含まれる水分の割合です。気温によってどれくらい含まれるかが変わるので、夏と冬で同じ湿度でも感覚が違います。乾燥注意報は、東京の場合、日中の最小湿度が25%になると出されますが、この時期の体感としては30%くらいでカラカラです。

 人が健康的に過ごせる湿度が40~60%。暖房で室温は上がるのに湿度が変わらないと、インフルエンザなどのウイルスが活動しやすい低温・低湿の環境を加速させてしまうので、湿度を保つことは大切です。加湿器や観葉植物、ぬらしたタオルやコップ1杯の水などで、水分を発生させましょう。また、寒いからと暖房の設定温度を上げるのではなく、湿度を上げることで快適に過ごせるというメリットもあります。天気予報専門メディアtenki.jpでは「うるおい指数」を1週間分発表。目安としてチェックしてみてください。

[教えてくれたのは]日本気象協会

11/29[Fri.]

  • クセ者の上司から突然一言
    「これ週明けまでにまとめておいて」って、いま金曜の15時ですけど!?

     「それって変だよ!」と思うことは多々。仕事も保湿もね。

  • FROM EXPERT

     「乾燥が気になる人は、まずはクレンジングと洗顔を見直して。脂が出やすいTゾーンから汚れを落とすイメージで順に洗いましょう。頬などはおまけ程度にやさしく。保湿ケアはこの逆と考えて。肌にある皮脂膜は水と脂が混ざったもので、それに近いアイテムが乳液。入浴後はこの皮脂膜が崩れるので、ひとつの方法として、最初に乳液をつけるのも秋冬はオススメ」(山口さん)

11/30[Sat.]

  • 昨日ムチャぶりされた資料作成
    休日に家でやっちゃう私って…(泣)

     仕事も保湿も、相手(肌)への思いやりがカギ。カラカラの肌に化粧水を入れ込むには、手orコットン?

  • FROM EXPERT

     「体温が同じ手は肌に浸透しやすい面もありますが、凹凸のある顔全体に行き渡らせるのは難しく、実はムラになっていることが。スキンケアが苦手だと思う人は、コットンを使ってムラなく全体に付けることを意識しましょう。毛穴が密集している小鼻、眉間、アゴ先にたっぷり入れ込むイメージで」(和田さん。)

12/1[Sun.]

  • 楽しみにしていたコンサート
    推しに会えるから実質デートだよね!

     推しは心を潤わせますが、ファンデは自分を乾かしているかも。

  • FROM EXPERT

     「粉は水を吸収します。乾燥しやすい人は、パウダーファンデやお粉をお休みするか、テカりの気になるTゾーンだけにつけるなど、日中でも肌を乾かさない工夫をしましょう。チークも粉が多いので注意。備え付けの小さなブラシで何度も付けるより、大きなブラシでふわっと付ければしっかり密着します」(山口さん)

12/2[Mon.]

  • 朝イチで上司に資料を提出
    「あ、ありがと~」って…それだけ?

     朝から気分がなえるのは、ヘアスタイルが決まらなかったときも。

  • FROM EXPERT

     「まずはブラッシングに重点を。しっかり地肌からとかすのがポイント。自分の頭皮から出る脂分でコーティングしましょう。ポーチにつげぐしを入れておくのがマル」(山口さん)。
    「肌と同じく水分から入れたいので、ミルク系のトリートメントのあとにオイルでコーティングを」(和田さん。)

12/3[Tue.]

  • 「昨日の資料のブラッシュアップ、なる早で」
    簡単に言うけどさ…具体的に示してよ!

     資料のブラッシュアップにはそれなりに時間が必要。でも、保湿なら今日からすぐできる! みんな、水分は足りている?

  • FROM EXPERT

     「スキンケアは究極、水分とフタがあればいいので、化粧水と、乳液かクリームでも十分。ただ、最初の化粧水が足りていないと、その後にどんなにすごい美容液を使っても意味がありません。安くてもいいので、ケチらず使うこと。手の甲を頬に押し当てて、弾力が戻ってくるかがサインです」(和田さん。)

12/4[Wed.]

  • 資料のブラッシュアップに残業
    同僚が「手伝うよ」と言ってくれて涙…
    こんな日は家でゆるゆるリラックス

     疲れがたまる週の真ん中。スキンケアでも癒やされたい! ホットタオルはどう?

  • FROM EXPERT

     「クレンジングの後にホットタオル美容を。タオルをレンジで約1分、自分が気持ちいいと思うくらいに温めて、40秒ほど顔に乗せ、少し蒸らしてからそっと拭き取ります。夜はこの後の洗顔はお休みして大丈夫。疲れているときは、乳液クレンジング+ホットタオルで。朝は洗顔の代わりにホットタオルを活用してみて」(山口さん)

12/5[Thu.]

  • 「彼と結婚します♥」と親友からLINE
    仕事は楽しくてやりがいを感じているけれど私、このままでいいのかな…

     冬の風が身にしみる、たそがれ時。顔もパリパリで踏んだりけったり。

  • FROM EXPERT

     「ミストは水分が多いため蒸発しやすく、期待するほどの潤いを得られないことも。保湿を重視するならオフィスにはバームを常備して。顔全体の乾燥が気になったら、手で温めて少し固まりが残っているくらいの状態で顔をやさしく覆います。髪、爪など全身に使えるのもGood」(和田さん。)
     「ミストを使う場合は、手のひらでしっかり押さえて入れ込むことが大切」(山口さん)

12/6[Fri.]

  • 上司の口から「いつもありがとう」
    らしくなくてびっくり。どうした!?

     マイナスからのスタートだと、普通のことでも効果はバツグン。すぐにできる保湿対策は?

  • FROM EXPERT

     「みなさん1回の量が少なすぎ! ためらいなくたっぷり使って。乳液なら2プッシュ程度。ヌルつきはしっとりと捉えましょう」(山口さん)
     「暖房による乾燥から逃れられないオフィスでは、自分の周りだけでも加湿を。卓上加湿器や観葉植物、コップ1杯のお湯か水でもOKです。」(日本気象協会)

12/7[Sat.]

  • 気の置けない同僚とプチ忘年会
    急に上司がしおらしかったのは同僚がムチャぶりに意見したからと判明!

     持つべきものは頼りになる同僚。いつものケアにプラスαで頼れるのがフェイスパック。

  • FROM EXPERT

     「種類が豊富になったからこそ、使いどころや前後のケアが大切。水分が多いものであれば、後に乳液やクリームでフタを。油膜成分の入ったしっとりしたものなら、化粧水や美容液のあとにすると効果が変わってきます」(和田さん。)

12/8[Sun.]

  • グループで遊ぶ仲の男友達から「2人で会わない?」と突然のお誘い
    ちょっとドキドキ…
    お肌をばっちり整えていってきます!

     いつも見ているはずなのに、気になり始めたら目が離せない…そんな存在はありませんか? 顔でいうなら唇!

  • FROM EXPERT

     「唇が乾燥しているときにむける、白い皮のように見えるものは古い角質。月に1~2回、リップスクラブで角質を取り除き、土台を整えて。リップクリームの効果が高まり、グロスや口紅の持ちもよくなります」(和田さん。)

  • 肌のコンディションがいいと朝から気分も上がっちゃう
    今日も一日、頑張ろっと!

FROM EXPERT

  • 秋冬はミルフィーユ付けにもチャレンジ!
  •  たくさんのアイテムを使うよりも、肌状態を見極めて使うアイテムを選びましょう。一般的にはみなさん水分が少なめです。水は蒸発すると心において、たっぷりつけて。乳液とクリームはいずれかでもOKです。

     保湿ケアの順番は、まず目の周りから。次に頬や口元。最後にTゾーンをおまけ程度に。秋冬のケアでは、ミルフィーユ付けもオススメです。化粧水・乳液・化粧水・乳液など重ねづけしてみて。便利なオールインワンは、保湿力を高めるため乳液でさらにフタをしてほしいですね。特に夜の保湿は、寝ている間に枕などにぐんぐん持って行かれます。肌にとってはシメシメしているくらい、たっぷりつけるのがちょうどいいんですよ。

  • ヘア&メイクアップアーティスト
    山口童子さん
  • 美・ファイン研究所所属。メイクレッスンや、舞台メイクなども担当。化粧品や美容システムの企画・開発にも携わる。近著に、田村マナさんとの共著「38歳からなりたい髪」(すばる舎)

  • “水分とフタ”をイメージしながらケアを
  •  美容部員の頃に多かったのが、「冬だから乾燥対策」とやって来るお客さまでも、実は皮脂もかなり出ているなどの間違った自己判断。自分の肌悩みといかに向き合えるかが、正しいスキンケアへの道です。コスメカウンターなどでプロの判断を仰ぐのも手。

     保湿は、毛穴の凹凸に対して穴埋めをしていくイメージで水分をいれて、乳液やクリームで油膜をはってフタをします。小鼻回りから、なじませるように3本指でくるくると入れ込んであげましょう。メイク落としにも落とし穴が。トレンドのつや肌メイクなら、ミルクで十分オフできます。すべてのパーツを同じ強度で落とすと乾燥の原因になるので、面倒でもパーツごとに専用のリムーバーなどで落として。

  • 元美容部員・美容クリエイター
    和田さん。
  • 大手化粧品メーカーで美容部員を6年経験後、YouTubeチャンネル「和田さん。 チャンネル」を開設。トータルフォロワー100万人を超える。現在は全国のメイクセミナーなどでも活躍


Back Numberバックナンバー

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ