信澤みなみさん

信澤みなみ

のぶさわみなみ

株式会社サーキュレーション ソーシャルデベロップメント推進室代表 パラレルキャリアアドバイザー

経験、スキルを活用する新しい働き方を提供する株式会社サーキュレーションで、女性が時間、場所、ライフイベントにとらわれずに活躍し続けるための企画や社会課題解決を目的としたソーシャルデベロップメント推進室の代表を勤め、これからの経営のあり方・働き方の改革に向け、官民連携の取り組みを推進する。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 西村麗子さん

    西村麗子

    Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリ...

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

非正規雇用(派遣社員)で独身。今後の働き方が漠然と不安です…


非正規雇用社員のキャリアの作り方は?Q


私は正規雇用ではなく、派遣社員として働いています。独身で結婚する予定もありませんが、転職の予定もなく、これからの仕事について漠然と不安を持っています。  非正規雇用で働くための今後のキャリアの作り方や働き方のアドバイスがあれば教えてください。

        

まずはプラス面とマイナス面を整理。状況の把握からはじめてみてA

頂いた質問にはいくつか分けて考えるべき要素が含まれているので、現状を整理してみるところからはじめてみましょう。
現在を要素に分けると以下のように分けられるのかと思います。

【仕事について】
・現在は、正規雇用ではなく非正規雇用で働いている
・非正規雇用の中でも、派遣社員というスタイルを選択している
・転職する予定はないが、仕事について漠然と不安
・今後も非正規雇用で働くことを前提とし、キャリア形成について考えたい

【プライベートについて】
・独身で、結婚の予定はなし

このように状況を整理した上で、今後どのように働き方やキャリアアップを選択して行くか、次のようなステップで考えてみましょう。

ステップ1:今後どのように働いていたいか、プライベートはどうしたいか未来について考える
ステップ2:理想の未来を実現するために、現在の状況でのプラス面(メリットや実現できること)、マイナス面(デメリットや実現できないこと)を整理する
ステップ3:理想の未来を実現するために、現在のマイナス面(デメリット)となる部分をどう変えていくことができるか選択肢を考える

ステップ1
現在の状況においては、“仕事において漠然と不安”であり“キャリア形成を考えたい”という気持ちがあるのかと思います。
具体的には、どのような点が不安に思うのでしょうか。また、キャリア形成について、どのような働き方や仕事の内容、給料や条件面を理想としているでしょうか。
全てがかなえられる前提ではなくて良いので、ぜひ自身の理想を素直に書き出してみてください。
もしも理想が出てこない場合は、今の働き方や仕事内容のどの部分に不満や物足りなさを感じるでしょうか。もしもモヤモヤを書き出すことができれば、その逆が理想の状態である可能性があります。ぜひモヤモヤを素直に書き出してみましょう。

ステップ2
理想の状態を実現するために、現在の状況におけるプラス面(メリットや実現できること)とマイナス面(デメリットや実現できないこと)はどのような点があげられるでしょうか。
もし仮に未来の理想が、“時間に縛られず働き続けたい。ただ、スキルアップや給料をアップすることも諦めたくない”とします。現在の働き方である、派遣社員というスタイルにおいて、自身にとってのプラス面とマイナス面を整理してみましょう。

そのマイナス面をいかに埋めることができるか、新たな選択肢や手段を増やすための整理がステップ3です。

ステップ3
仮に、“時間に縛られず働き続けるために、非正規社員を継続したい”という前提があるとします。
非正規雇用といっても、契約社員、派遣社員、アルバイトといくつかパターンがありますね。
現在の派遣社員でのプラス面、マイナス面に加えて、他の選択肢でのプラス面、マイナス面も整理してみると、未来を実現するためにどのスタイルが良さそうか、もう一度見直せるかもしれません。
また、“スキルアップや給料をアップしたい”という前提があるとします。
現在の派遣社員としてのスタイルでの、プラス面(実現できること)とマイナス面(実現できなそうなこと)についてどのような点があがるでしょうか。
一つ目の“時間に縛られず働く”と“スキルアップができる“の両方の点において、プラス面が重なる選択肢があれば、派遣社員にこだわりすぎずスタイルを変えてみるというのも一つの選択肢となります。
もしも両方の点において、プラス面が重ならずどちらかしか満たせないのであれば、もう一方も満たすために、今の仕事とは別の機会を検討してみましょう。

例えば、“時間に縛られず働き続ける”ためには派遣社員はプラスだが、“スキルアップや給料アップ”をするためには派遣社員では満たされないとするのであれば、“派遣社員を継続しスキルアップや給料アップを諦める”のではなく、“派遣社員として働きながら、スキルアップや給料アップできる機会を増やす”というイメージです。
それが実現できる可能性があるのが、“パラレルキャリア”という選択肢かもしれません。

現在の働き方にとらわれず、“自分の理想の未来を実現するために、選択肢を増やしてみる”という新たな一歩をぜひ増やしてみてください。


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 11月15日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ