信澤みなみさん

信澤みなみ

のぶさわみなみ

株式会社サーキュレーション ソーシャルデベロップメント推進室代表 パラレルキャリアアドバイザー

経験、スキルを活用する新しい働き方を提供する株式会社サーキュレーションで、女性が時間、場所、ライフイベントにとらわれずに活躍し続けるための企画や社会課題解決を目的としたソーシャルデベロップメント推進室の代表を勤め、これからの経営のあり方・働き方の改革に向け、官民連携の取り組みを推進する。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 西村麗子さん

    西村麗子

    Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリ...

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

30歳目前、これからのキャリア設計や新たな挑戦にちゅうちょしてしまう…


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

30歳目前、これからのキャリア設計や新たな挑戦にちゅうちょしてしまう…Q


30歳を目前にしてこれからのキャリア設計や新たな挑戦にちゅうちょしてしまう自分がいます。
結婚や出産などの予定は現状ありませんが、そんな状況でも前向きに進み続けるための考え方を教えてください。

        

3ステージの時代からマルチステージの時代へA

20代後半になるにつれ、意識しだす“結婚”、“出産”、“働き方”…いつと予定しているわけでも、いつと予定できるわけでもないからこそ、漠然とした見えない不安がつきまとい、今後のキャリア設計をするのが難しく感じることもありますよね。
今回質問されたように、まだ予定が決まっていないのであれば、一度フラットに中長期な目線で自分自身の人生を捉え直してみるといいかもしれません。

ライフステージのあり方の変化を前提に、中期で人生を捉える
人生100年時代。従来のライフステージのモデルが大きく変化し、人生のつくり方が変わる時代です。
これまでは、小中高大学の“教育のステージ”、新卒で入社し定年退職するまで働き続けたり、結婚し子どもを産み専業主婦として家庭での役割を担ったり、両立して働き続けたりする“働く・子育てするステージ”、その後定年退職や子育てステージを終えての“老後ステージ”の3ステージで人生は考えられていました。

今は個人の状況に応じて、3つのステージを行ったりきたりするマルチステージを繰り返しながら、経験を積み続け、活躍する場を増やし、100年の人生をいかに豊かにしていくか考えることができる時代です。この10年だけでも、働き方改革、ダイバーシティ&インクルージョン、女性活躍など、社会の変化が必要だからこそ、個々の生き方・働き方の多様性を認めていこうという動きが加速しています。

中長期スパンで自分自身の人生を想像してみて
これまでの3ステージの時代とは違い、自分自身で人生を設計できる可能性が広がったマルチステージの時代です。まだまだ当たり前に感じられないかもしれませんが、マルチステージの時代では、“自分の生き方に関して考える時期”、“知識やスキルの再習得する時期”、“組織に雇われず独立した立場で生産的な活動に携わる(フリーランスなど)時期”、“異なる活動を同時並行で行う(週3仕事、週1ボランティア、週1個人ビジネスなど)時期”など、それぞれの状況や志向によって、自分自身のキャリアやステージを柔軟に変化させていくことができます。

ぜひ一度中長期スパンで自分自身の人生を想像してみてください。
そうなってみないとわからないですし、そうなったときに価値観が変わるかもしれませんが、現時点での自分自身のイメージを想像してみましょう。

「家族や子どもはほしい?」
「子育てをしながら働き続けたい?」
「働き続けるということが目的? それともやりたい仕事で働き続けたい?」
「もしも子育てが終わったらどのような人生を送りたい?」
「自分自身で経済的自立をしていたい?」

長い人生を楽しみ続けるために、目の前の一歩を踏み出して

マルチステージを築いていく中で、計画的に結婚相手を選んだり、理想の出産タイミングに合わせて妊活をしたり、それに合わせてキャリアを選択していくことも可能だと思います。
ポイントは、予定していない結婚や出産を前提としすぎて選択肢を狭めないこと。
この先の人生を中長期スパンで捉え、何をいつ実現していきたいか、そのために今何をするか・すべきか、中期での目標を定めながら今の挑戦を決めていけるといいかもしれません。

そしてどこかのステージでまた自分自身の人生を考え、新たな挑戦をし、次のステージを築き続ける意識を持っておくこと。長い人生を楽しみ続けるために、学び経験し続け、変幻自在なキャリアや働き方を選択できるようにする、目の前の一歩を踏み出していきましょう。


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 12月6日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ