信澤みなみさん

信澤みなみ

のぶさわみなみ

株式会社サーキュレーション ソーシャルデベロップメント推進室代表 パラレルキャリアアドバイザー

経験、スキルを活用する新しい働き方を提供する株式会社サーキュレーションで、女性が時間、場所、ライフイベントにとらわれずに活躍し続けるための企画や社会課題解決を目的としたソーシャルデベロップメント推進室の代表を勤め、これからの経営のあり方・働き方の改革に向け、官民連携の取り組みを推進する。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 西村麗子さん

    西村麗子

    Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリ...

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

男性の理解を得ながら働き続け、キャリアを築くには?


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

男性の理解を得ながら働き続けるためには?Q


まだまだ男性社会だと感じています。産休・育休を機に“キャリアブランク”ができてしまう中で、どうキャリアを築けるのか不安です。男性の理解を得ながら働き続けるためのアドバイスがあれば、教えてください。

        

性別や役職、役割はそれぞれ。謙遜せずに相談・交渉して道を開いてA

あなたはどんなときに男性社会だと感じますか?
遅くまで残業して成果を出すなど、体力・時間勝負な風土を感じるとき? 男性と同じことを言っても意見が通らないとき?

1986年に「男女雇用機会均等法」が施行されてから、働く環境において徐々に男女平等の意識や機会創出は改善されてきています。しかし、育児をしながらキャリアアップを望む女性が増えている現代において、女性が「働きやすい」と言えるには、まだまだ意識も環境も追いついていないというのが現状でしょう。

女性の活躍がうたわれはじめ、会社や上司や同僚、夫といった男性陣の意識も変わりつつあるとは言えど、実際に産休・育休を機に離職する女性が多いことも事実です。

一個人としてキャリア設計をしたとしても、子供を産むのは女性。ライフイベントがあるタイミングで、育児とキャリアアップを両立していくためには、今置かれる環境、そしてそれを取り囲む環境や人といかに調整していけるかが重要になっていきます。
男性社会=男性が“ライバル”なのではなく、仕事でも家庭でも“パートナー”となり得る男性と、どう理解し合い、前に進むことができるかという視点で考えてみましょう。

仕事、育児、プライベート…今抱えている悩みをパートナーに話せている?
今抱えている悩み、課題はどのようなものでしょうか?

現代においてもいまだ、「女性は家庭に入るのが当たり前」「女性はキャリアアップを望まなくて良い」など、一昔前の考え方を主張する人もいるかもしれませんが、女性の活躍がいかに社会に必要なのかうたわれ始めた現代では、それを理解しようとし、改善する必要があると考える男性も増えてきていると感じています。

一方で、まだまだ過去の仕組みや、男女における役割期待を引きずっている部分が少なからずあり、男性自身もその風土や環境に慣れている状態で働いているはずです。

つまり、「女性が活躍するために何かしなければいけないことはわかっているが、何をするべきかわからない」「まだ自分ごとではない」というように、働き続けたいと思っている女性の課題を知らない状態の人も多いかと思います。
おそらく、それぞれが置かれている立場や環境によっても悩みは違うはずです。
相談内容のように、共存しながら働き続けるためには、相手に自分の置かれている状況や解決したい悩みを理解してもらう必要があります。
今の自分の状況ありたい姿や整えたい環境それを実現するために何に困っているか、どう協力してほしいかをそれぞれ整理し、自分が理解した上で、解決するために協力が必要なパートナー(上司、同僚、夫や彼、家族)に向き合ってもらい、話し合う時間をつくる一歩を踏み出してみましょう。

謙遜せずに相談・交渉して道を開いていく
働き、生活する中で、「迷惑をかけてはいけない」「時短で早くに帰っている上に、働き方を相談するなんて申し訳ない」「私は交渉していい立場ではない」など、自分が置かれる状況を引け目に思っていることはありませんか?

もしそうであれば、その視点を少し変えてみてほしいのです。
仕事においても家庭においても、パートナーとの共通の目標は「より良い結果、状態にし、前に進めること」です。あなたが今、何か壁にぶつかり、それをパートナーに相談も解消できずにいるのであれば、「お互いが前に進めるために、課題を解決する。そのために一度相談してみるんだ」と思うようにしてみてください。

男性だから、女性だから、部下だから、ママだから。性別や役職、役割はそれぞれあるもの。どちらが上でどちらが下でもないのです。
人と人、パートナーとしてうまく前に進めるために、相談するのはとても健全なことです。自分を謙遜しすぎず、そして理解してくれないと相手を敵視する前に、一度話してみる勇気を持ち、お互いを尊重しながら道を切り開くチャレンジをしてみてください。


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 10月11日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ