西村麗子さん

西村麗子

にしむられいこ

Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリアコンサルタント、GCDF、産業カウンセラー、心理カウンセラー

(株)リクルートにて、住宅情報事業部・人材総合営業部にて営業活動に従事した退社後独立。 名古屋大学・名古屋市立大学・桜美林大学でキャリアデザイン講師を歴任。 延べ1000人を超える個人向けキャリアカウンセリング実績も活かし、 企業・NPO・地域コミュニティで研修や講演など全国で活動中の社会起業家。 三児の母であり、NPO法人理事も務める。 個性最大化をモットーにした「持続可能なキャリアカウンセリング」を武器に、 女性の生き辛さ・働き辛さを解消するためのライフワークに邁進中。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 信澤みなみさん

    信澤みなみ

    株式会社サーキュレーション 組織人材開発、採用マネージャー 女性活躍推進プロジェクト代表、パラレルキャリアアドバイザー

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

この春に地方から転職。大きな期待と環境とのギャップに戸惑っています


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

この春に地方から転職。大きな期待と環境とのギャップに戸惑っています

転居・転職後の環境の変化についていけません
Q


この春、地方から東京に転職しました。キャリアアップのため、大きな期待がありましたが、いざ来てみると、環境の変化についていけず、モチベーションを保てずにいます。職場で雑談をするのにも、情報についていけず孤独な思いをすることが多々あります。こんなときでも、着実に前に進むにはどうしたらいいのでしょうか?

モチベーションは“上がる”もの。焦らないで!
Q

地方からの転職、勇気ある決断と行動をまずはたたえたいです。キャリアアップの手がかりをつかんで、とても誇らしかったことでしょう! でも、今は少し悩んで立ち止まってしまっているようですね。

転職と転居は、人生の中でも非常に大きなストレスとして挙げられる出来事です。期待があって気を張っているうちは、ストレスをはねのけることができますが、疲れてくると、ストレスが重くのしかかってきてしまいます。情報があふれ、変化のスピードにも新しい環境にもついていけないと感じる人は、多くいます。

ポイントその1:背伸びをせず、焦らないこと
ストレスを和らげるために大切なことの一つ目は、焦らないことです。一生懸命背伸びをして、情報を集めても、以前からその職場にいる人に、他の地域から来た人が情報量でかなうはずがありません。任された仕事も今のあなたには難しいものかもしれませんし、全てを完璧にこなすことはできません。情報や変化についていこうと焦る気持ちをいったん手放しましょう。

ポイントその2:自分から話題を提供しなくてもOK! まずは教えてもらう姿勢で
二つ目に大切なことは、孤独な思いをすることがあっても、まずは「教えてもらう」気持ちで新しい職場に臨むことです。職場での雑談は、社交の場でもあり、情報交換の場でもあります。仕事や生活に直結する重要な情報を手に入れる機会であることは周知の事実ですが、空気の読み合い、テンポとノリ、社風からくる独特さなどもあって、転職者が輪に入ること自体、ハードルが高い場合があります。その際には、無理に自分から話題を提供しようとしないで、話す人がうれしそうにするポイントに合わせてうなずきながら、じっくり聞くことです。知ったかぶりをする必要はありませんし、素直に、分からないことは分からないと伝えましょう。後からこっそり検索エンジンで調べるなどして、一つひとつ情報をつかんでいけば大丈夫です。人間関係や、トレンド、生活情報も、異文化を理解するように、焦らず、ゆっくりと環境になじみながらつかんでいくように心がけてください。

多くのことを知っている周りの人たちのことを素直に認めて、受け入れ、自分にできることに精一杯取り組んでください。あなたがやるべきことは、まずは自分の仕事をきちんとこなすことです。転職を実現できた実力があるのですから、落ち着いて仕事に取り組み、ペースを取り戻せば、必ず前に進めます。

やる気は出そうとしても出ない
仕事へのモチベーションは、焦って自分で上げようとするとかえって下がってしまうことがあります。無理に「やる気」を出そうとしても、「やる気」が出てくるわけではありません。一つひとつシンプルな動作を繰り返しているうちに、気が付けば「やる気」が出てくるという心理学的メカニズムも解明されています。いわゆる作業興奮といいますが、任された仕事をこなすために覚える知識は何なのか? 身に付けなければならないスキルは何なのか? それらを具体的に考えて、やるべきことだけに集中するように心がけましょう。

この春に転職を果たして上京した時の、ワクワクした「初心」を思い出して下さい。4カ月間、全力でやってきましたよね? 本当にお疲れさまです。心も体もちょっと疲れてしまっているだけだと思うので、そんな自分を認めてあげてください。キャリアアップしたいという期待も大きかっただけに、戸惑いも大きいのだと思います。

任された仕事に向き合っていれば、必ず成長している実感を得られるようになりますし、自信もつきます。新しい知識も仲間も増やすことにつながります。まだ4カ月しか経っていません。いずれは、都会の情報にも詳しくなって、雑談も楽しめるようになるので、等身大の自分で過ごしてください。

西村麗子さんが講師を務める「自分らしい働き方を描くワークショップ」参加者募集中!
詳細はコチラ >> https://seminar.cityliving.jp/seminar_p/206/


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月14日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

LINE@に行く

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ