西村麗子さん

西村麗子

にしむられいこ

Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリアコンサルタント、GCDF、産業カウンセラー、心理カウンセラー

(株)リクルートにて、住宅情報事業部・人材総合営業部にて営業活動に従事した退社後独立。 名古屋大学・名古屋市立大学・桜美林大学でキャリアデザイン講師を歴任。 延べ1000人を超える個人向けキャリアカウンセリング実績も活かし、 企業・NPO・地域コミュニティで研修や講演など全国で活動中の社会起業家。 三児の母であり、NPO法人理事も務める。 個性最大化をモットーにした「持続可能なキャリアカウンセリング」を武器に、 女性の生き辛さ・働き辛さを解消するためのライフワークに邁進中。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 信澤みなみさん

    信澤みなみ

    株式会社サーキュレーション 組織人材開発、採用マネージャー 女性活躍推進プロジェクト代表、パラレルキャリアアドバイザー

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

夫婦で共働きです。子どもを授かっても仕事を続けられるでしょうか?


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

共働きで子どもはこれから。子育てと仕事の両立はできるの?

夫婦で共働きです。子どもを授かっても仕事を続けられるでしょうか?
Q


結婚をして、夫婦共働きです。子どもはまだいませんが、いずれはほしいと思っています。ただ、社内で産休を取った人たちを見ていて、戻ってきてからが大変そうに見えます。子どもがいて時短勤務でも、仕事量は他の人と大差ありません。子どもも育てて、仕事もこれまで通り続けられるのか…不安とプレッシャーを感じています。

マインドセットとリソースを確認。将来への不安は手放そう
Q

共働きで頑張っている中での不安とプレッシャー、とてもよく分かります。子どもを授かった場合、仕事をこれまで通り続けられるかどうかの不安解消のために、次の3点を確認しましょう。

<1>マインドセットは大丈夫? 夫婦に固定的な役割意識はないですか?
新婚当時のワクワクした気持ちも、共働きで忙しいと忘れてしまいますし、子どもが生まれたら一体どうなっちゃうのと悩んでしまう気持ち、よ~くわかります。
まずはマインドセットで、夫婦の心構え・認識のすり合わせをしましょう。「子どもを産む」以外のことは男女関係なくできるものですが、女性が家事も育児も担ってしまう傾向が強いのが日本の社会です。平成29年男女共同参画白書によると、女性が第一子出産を機に離職する割合は約5割。女性の2人に1人は、出産を機に離職している現実が残っています。

子どもが生まれた場合のリスクと、タスクを細密にリストアップし、夫婦の役割を明確にしておきましょう。「夫婦で一緒に育てる」という意思を具体的に確認し合うことは、とても大事なことです。あなたが仕事を続けたいと思うときに、一番の協力者はあなたの「夫」だからです。

<2>リソースの確認を
家族状況、経済状況、仕事内容、社内制度・雰囲気、自治体などからのサポートの有無は?

夫婦共働きで子どもを育てることは大変だからこそ、出産と育児を助けてくれる「人・モノ・カネ・情報」のリソースの確認は必須です。祖父母・友人からの支援や、職場からの働き方の支援の有無、保活状況によっては転居・転職も視野に入れつつ、多方面からの情報収集に動きをしましょう。

困難な中でも両立している夫婦は、事前準備を怠らない、優先順位を間違えない、使えるものは何でも使う、諦めるものは諦めるという判断が非常に速いです。選定作業がうまいという表現が適切かは分かりませんが、仕事と家庭生活の「幹」は残して「枝」を切り落とすイメージで、見事に両立しています。

政治や会社、社会の仕組み上、今の日本は子育てしづらい雰囲気や格差の問題もあります。でも、ソーシャルサポートを賢く活用すれば、なんとか両立することができます。自衛策は入念に!

<3>将来の不安を手放し、「今、ここ」の気持ちで愛を育んでいますか?
目の前にやってくる仕事に最善を尽くすことで、結果的に最良のキャリアが形成されるという、心理学者クランボルツの「計画された偶発性理論」もあります。夫婦の価値観を大切にしながら、目の前の仕事に全力で取り組むことで、新しい未来を切り拓いていこうとする意思を持つことは有益です。

「子どもは授かりもの」と言います。望んでも生まれず、不妊治療に取り組む人も多いですし、授かる子の性別・人数によっても大変さの種類は異なります。子どもの個性や特性も違います。先天的にハンディキャップを持って生まれてくる子もいます。想定通りのサポートが得られない場合も起こり得ます。

 

社会や職場に問題は山積みですが、仕事と育児を両立してきた先輩たちは、子どもたちが暮らす未来を少しでもよくしたいと思って、最善を尽くして努力してきました。はたから見ると、「大変そう」だったと思います。でも、先読みして不安がらず、夫婦で力を合わせて、今できることに最善を尽くしてください。せっかく結婚したのですから、愛も、仕事も、子どもも大切に思って、挑戦を続けてください。夫婦関係こそが、愛を育む安全基地のはず。二人で力を合わせて、できることからやっていきましょう。

西村麗子さんが講師を務める「自分らしい働き方を描くワークショップ」参加者募集中!
詳細はコチラ >> https://seminar.cityliving.jp/seminar_p/206/


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ