西村麗子さん

西村麗子

にしむられいこ

Association of Research for Career & Art(生きる技術研究会)代表 国家資格キャリアコンサルタント、GCDF、産業カウンセラー、心理カウンセラー

(株)リクルートにて、住宅情報事業部・人材総合営業部にて営業活動に従事した退社後独立。 名古屋大学・名古屋市立大学・桜美林大学でキャリアデザイン講師を歴任。 延べ1000人を超える個人向けキャリアカウンセリング実績も活かし、 企業・NPO・地域コミュニティで研修や講演など全国で活動中の社会起業家。 三児の母であり、NPO法人理事も務める。 個性最大化をモットーにした「持続可能なキャリアカウンセリング」を武器に、 女性の生き辛さ・働き辛さを解消するためのライフワークに邁進中。

記事一覧

New Articles

Panelist

  • 鈴木美貴子さん

    鈴木美貴子

    オフィス カノン代表。接遇接客・ビジネスマナー講師/イメージコンサルタント

  • 信澤みなみさん

    信澤みなみ

    株式会社サーキュレーション 組織人材開発、採用マネージャー 女性活躍推進プロジェクト代表、パラレルキャリアアドバイザー

  • 大泉敏郎さん

    大泉敏郎

    ビジネスコンサルタント

社内円滑Happyコミュニケーション

リーダーに抜擢! しかし、なかなか成果を感じられず自分を責めてしまいます


「新人の叱り方がわからない」「上司にどうやって伝えれば?」など、社内の同僚や先輩に聞きたいけれど、「こんなことを聞いてもいいの?」と悩んでいる人もいるはず。あなたがもっと社内でいきいき働けるようになるために、あなたの仕事の悩みを解決します!

次々降りてくる仕事をこなせず、自分を責めてしまいます

リーダーに抜擢! しかし、なかなか成果を感じられず自分を責めてしまいます
Q


念願だったプロジェクトリーダーに抜擢されました。当初は意欲的に仕事をしていましたが、次々と降りてくる会社からの課題、上司からの追及に、心が折れてしまいそうです。総合的に見れば、着実にこなして成果を上げているはずなのに、その中で優先順位がさまざまな課題が渡されて、それらをこなせない自分に嫌気がさします。元々、自己評価が高い方ではないので「あれもできていない」「これもできていない」と自分を責めてばかりでつらいです。

自分を責めず、仕事の進め方を見直しましょう
Q

ビジネスの現場では、「他責思考」ではなく「自責思考」が推奨されていますが、自分を責める傾向が強い人は、注意すべき点があります。

元々、日本人は悲観的に考えてしまう傾向に
日本人は、遺伝的・慣習的に悲観的で不安を感じやすい傾向があるということが最近の研究で分かってきました。不安な将来に備えるために、より真面目に熱心に、仕事と向き合おうと頑張りすぎてしまう人が日本人には多いと言われています。極端に自分を責めて、うつ病などの病気を引き起こしてしまう人もいます。

成果に焦点を当て、自信を取り戻して
あなたは、プロジェクトリーダーに抜擢されるほど、実力もあり、期待されている人です。念願だったということから、「早く成長したい」、「仕事で認められたい」という上昇志向もあり、責任感も強いのでしょう。実際、着実にこなして成果を上げているわけですから、もっと自分を認めてあげてください。自己評価が低すぎるのは、良いことではありません。

AIに仕事を奪われるだとか、業界の存続が危ういのではないかなど、不穏な社会情勢も日々のニュースでは散見され、不安感に苛まれているような時代です。組織に所属し、給料をもらって働いている以上、与えられた仕事・任務に対して、100%の成果で返すべきだというプレッシャーも感じていませんか? 会社組織も変化していますし、渡される課題も変化が多いのでしょう。しかし、従業員であるあなたも、ひとりの人間ですから、疲れたら休む必要があります。身体と心を壊してしまったら元も子もありません。

できてもいない仕事を、できたふりをして給料泥棒をしているのでなければ、プロジェクトリーダーとして着実に出してきた成果に焦点を当てて考え、自信を取り戻してください。

脳は“できていないこと”の方が印象に残りやすい?
日本ではあまり知られていませんが、ゲシュタルト療法という「焦点」「見方」を変えるカウンセリング療法もあります。これは、不完全なところに焦点が当たってしまうという脳の特性を理解した上で、その人のものの見方、考え方を変えてあげるための療法です。
プロジェクトリーダーであるあなたは、おそらく「課題解決」「目標達成」を強く念頭に置くがあまり、できたことよりも、できていないことに焦点を当ててしまうのでしょう。脳の特性として、できていないことの方が印象に残りますから、「あれもできていない」「これもできていない」と悩んでしまうのです。

でも、よく考えてみて下さい。与えられた課題を100%解消できたら、あなたは社長にだってなれますよ。現代の日本では、経営者でさえも課題解決の方策を持っていないのかもしれない、と考えてみて下さい。プロジェクト規模や、その中でのあなたの役割など、詳細は分かりませんが、総じてプロジェクトリーダーの仕事は、経営感覚が必要な仕事です。自分を責めるよりも、上司も含めてチームとしての仕事の進め方、会社としての仕事の進め方の改善に焦点を当てる方が建設的です。

 

心が折れて、万が一病気にでもなってしまえば、プロジェクトリーダー自体できなくなってしまいます。だから、自分を責めてばかりのあなたは、今すぐ、考え方を変えてください。「他責思考」になれ、と言っているわけではありませんよ。「つらい」と思って仕事をしていたら、ますます仕事がつらくなります。状況的に、次々と仕事が降りてくるようですが、そこは仕事を采配する上司にも責任があるように見受けられます。プロジェクトの進め方、成果・責任の所在を明確にするためのミーティングを上司と持ち、優先順位を明確にした上で課題を渡してもらうようにしましょう。そうすれば、今より自信を持って仕事をこなせるはずです。

西村麗子さんが講師を務める「自分らしい働き方を描くワークショップ」参加者募集中!
詳細はコチラ >> https://seminar.cityliving.jp/seminar_p/206/


「社内円滑Happyコミュニケーション」 トップ

─ 電子ブック 最新号 ─

  • 東京 5月17日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ